覚悟の瞬間(とき)

株式会社FISTBUMP 代表取締役社長 河本尚彦
こうもとなおひこ

河本尚彦

岡山県生まれB型
職業:株式会社FISTBUMP 代表取締役社長
趣味:囲碁・釣り
座右の銘:あなたは私であり、私はあなたである

高校まで岡山で生活、2005年に岡山県立岡山大安寺高校を卒業。
徳島大学総合化学部自然システム学科で量子力学(物理学)専攻、2009年に卒業。株式会社グローバルステージで営業を経験。
クリエアナブキ株式会社に入社、社内SEに従事した後、2016年に退職。
2016年8月2日に起業。(株)FSITBUMPを設立、代表取締役社長就任。
現在、(株)Will Mediate 代表取締役、(株)スタートレード 代表取締役、(株)和多志 取締役、(株)シードバンク 取締役、(株)Cone・XI 取締役、(株)Goldenratio 取締役、(社)スペシャリストリサーチ 理事、(社)種の学校 理事、(社)ニコニコらいふ協会 理事を兼任。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

21歳(徳島大学時代)の時に東京でお世話になった恩師(グローバルステージの薄井社長)との出逢いがキッカケで起業しました。僕に営業を教えてくれた恩師は、「若いうちに起業するべきだ」ということとその理由・大切さを僕に教えてくれました。そこから多くの方にビジネスや社会、組織について教えて頂き、起業に至りました。覚悟できたのは、一緒に創業した祢屋((株)FISTBUMP・取締役テクノロジ・エバンジェリスト)のおかげです。将来の事、本当にやりたいこと、なぜ働くか、今度どうなりたい、どうしていきたいかなど、毎日夜3時頃まで、話をしたことです。それがきっかけで、本当に何がしたいのか、お互いにそれぞれの道を一緒に歩いて行く覚悟ができて、今の仕事に就きました。

現在の仕事への想い

今原稿を書いている自分と書き終わった自分、昨日の自分と今の自分は常に違います。日々変化を望み変化しています。なので、大事にしていることも次に日になったら変わっているかもしれないですが、今この瞬間は、「家族ぐるみで家族」「あなたは私であり、私はあなたである」あなたと私があれば、立場の違いや利害の違いが生まれますから、争う心や競う心が生まれ、譲る心は生まれないとおもいます。でも、あなたは私であり私はあなたであると思えれば、あなたの得は私の得に私の得はあなたの得になります。そうすると、どちらが得しても良いはずです。心を大きく使えば、どんな障害も克服できます。また、相手を本当に愛おしくおもうことができます。逆に心を小さく使ったら、喧嘩になってしまいます。この心を大きく使うことを大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

毎日いま瞬間も、どんな選択をするにも決断して、覚悟します。特に覚えているのは、今まで3回死にそうになった経験があります。特に2回目は鮮明に覚えていて、27歳の時です。十二指腸潰瘍で倒れたときです。出血がひどかったのですが、病院に行くのが遅くなり、病院で意識がなくなりました。今は完全に完治しているのですが、死に際を体験することで生きるということと真剣に向き合いました。その時の覚悟から、自分・仲間の命の大切さ、健康の大切さを学びました。

カッコイイ大人とは?

やりたいことを本気で取り組みそれをカタチにしている大人の方はとてもカッコイイとおもいます。本気でやるから、苦痛でもなく、楽しくやり続けられる、それが自分自身にとって当たり前。そういった大人はカッコイイとおもいます。

今後に向かって

本気で向き合い・付き合っている仲間と目標・夢を達成していきたいです。無謀だと思いますが、180社50万人の組織をつくって、仲間のやりたいことを全力で応援したいです。大きな経済力を、「家族ぐるみで家族」「あなたは私であり、私はあなたである」が根底にある仲間で創ることで、目標や夢を達成できる環境が創れると思ってます。

若者へのメッセージ

僕も若者なので、メッセージというのは違和感があるのですが、想いはカタチにできます。強い想いほどより一層明確に実現します。すべてではないですが、体験して経験したことがあります。強く想えば、行動が変わり、結果が変わります。街で人が困っていたら、電車の中で困っていたら、自分のことのように想い、支え合える文化を創りたいとおもいます。熱い想いとそれに伴う行動で一緒に支え合い、結果を出し続けましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

写真家 ハービー・山口

写真家
ハービー・山口

アーティスト 影山ヒロノブ

アーティスト
影山ヒロノブ

ジャーナリスト 田原総一朗

ジャーナリスト
田原総一朗

お気に入り

BOSSの日ノート

大切な人にもらったノートです。これから大きく組織が前進していくにあたって、僕を非常に支えてくれるノートです。

大切な仲間からのプレゼント

退職時にもらった小物を整理するバインダーです。電子ケーブルや小物がカバンの中で散らかるのを防いでます。きつい時などにモノを見て、元気をもらってます。