覚悟の瞬間(とき)

医療法人良仁会 かわたペインクリニック 理事長兼院長 河田圭司
かわたけいじ

河田圭司

奈良県生まれB型
職業:医療法人良仁会 かわたペインクリニック 理事長兼院長
趣味:茶道、書道、サウナ、ジム
座右の銘:"ぶれない"

医学博士/日本ペインクリニック学会専門医/日本麻酔科学会専門医。昭和39年奈良県橿原市生まれ。平成2年近畿大学医学部卒業、麻酔科学教室でペインクリニックを担当。平成13年済生会中和病院麻酔科医長。平成15年かわたクリニック開院。平成19年医療法人 良仁会 かわたペインクリニックに改名(法人化)。平成21年 心療内科併設、平成28年 運動療法部門新設。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

生家が診療所で父が医師であり、育った環境から医師を目指すことが自然の流れでした。はじめは、いろいろな手術を見たかったので、手術に関わる仕事で、全身管理が出来る麻酔科(各科の手術を受ける全ての方を診ることが出来る科)を希望しました。しかし、患者様の体と触れ合う機会はあっても話をする機会は少なく、一人の方を始めから終わりまで、自分で診ることができませんでした。麻酔科には「術前術後の全身管理を行う麻酔部門」と「痛みの治療を行うペインクリニック部門」があり、一人の患者様を始めから終わりまで、自分で診ることが出来るのは、ペインクリニック(痛みの治療)部門であったため、ペインクリニックを志すようになりました。ペインクリニックとは、「痛みの治療をするところ」です。「原因はわかっているけれどなかなかおさまらない痛み」だけでなく「色々検査して調べたけど異常がないのに痛いという原因不明の痛み」などを和らげる「痛み専門のクリニック」です。

現在の仕事への想い

「患者さんによくなってもらいたい」という強い思いがあります。思いがあっても技術がなければ成し得ません。まずは、メインの神経ブロック療法や薬物療法などの痛みの治療技術の向上を心がけています。かわたペインクリニックではどこよりも細い注射針を使用し、「痛くない治療」を目指し、特に、硬膜外ブロックについては、昨年、画期的な治療技術の革命を行いました。硬膜外ブロックの注射針を22ゲージ(採血くらいの細さ)から27ゲージ(予防接種くらいの細さ)に細くすることに成功しました。どこよりも細い注射針で硬膜外ブロックをすることが可能になったことにより、さらに「1安心(注射針を刺す痛みが少なくなり安心して受けれる)」「2安全(組織障害や出血が少なくなり安全性が向上)」「3速く(直前の局所麻酔がなくなり2工程が1工程になり速くなった)」になりました。この細い針での硬膜外ブロックは、高度な技術と経験を有する治療で、かわたペインクリニックならではの治療と自負しています。また、痛みの複雑化・多様化に対応するために、痛みの治療の種類を増やし、心理的アプローチによる心療内科(メンタルペイン)や西洋医学のみならず東洋医学を使った手技療法、運動療法やリハビリなど、総合的な痛みの治療を行っています。痛みの治療でこれさえあれば大丈夫と言うものはなく、いろいろな側面からのアプローチが必要です。また、自分ひとりで出来ることには限界もあるため、かわたペインクリニックでは、ペイン部門や心療内科部門や運動療法部門などスタッフがチームとして痛みに取り組んでいます。「痛みの治療ならかわたペインクリニック」と思っていただけるように、痛みに良いとされる治療を出来るだけ数多く取り揃え、常に「進化した痛みの治療」を行えるように心がけています。

あなたにとって覚悟とは

開業を決意した時が覚悟の瞬間でした。さまざまな制約のある大学病院という大きな枠組みの中で痛みの治療を行うのではなく、自分が理想とする、自分の思い描く、きめ細やかな痛みの治療をしたいと思いました。研修医の頃、重症の痛みの患者様に対し、あきらめず、とことん最後まで痛みと向き合い、患者様が亡くなるまで寄り添いました。その患者様が亡くなる直前に頼ってくれたのは、主治医ではなく自分でした。そんな経験から、総合病院では成し得なかった、より身近に患者様に寄り添い、真摯に向き合える診療所を開院しようと覚悟しました。痛みに悩む方には、大学病院に来るような重症な患者様だけでなく、日常的な軽い痛みに悩んでいる患者様も数多くおられます。また、大学病院のペインクリニックのメイン治療である神経ブロックと薬物療法だけでは対応できない患者様もたくさんいることがわかりました。そんな患者様のニーズにこたえられるような自由な診療が出来るクリニックを開業したいと思いました。患者様の目線に立ち、「聞きたいことが聞けるクリニックを作りたい」という思いから、かわたペインクリニックはスタートしました。

カッコイイ大人とは?

“ぶれない大人”です。「ぶれない=こうでなければならない」ではなく、「柔軟性を持ち、かつ、軸をしっかり持っている大人」、そんな大人がカッコイイと思います。

今後に向かって

現在、「画像診断ではわからない痛み」や「心因性による痛み」など、痛みの原因は複雑で多種多様になってきています。「痛みと生活習慣」や「痛みと心」の関係を扱っている病院は少なく、病院を転々とする医療難民も増えています。「痛みを何とかして欲しい」という思いを持って、かわたペインクリニックを来院される患者様の気持ちを受け取り、「痛みを何とかしたい」「少しでも痛みを和らげたい」と強く思います。そのためには、1痛みの治療の技術を確固としたものに確立する、2さまざまな痛みの治療を取り揃え習得していく、3短時間で患者様と信頼関係を築く、ということを心がけています。いろんな病院を転々とされてそれでも痛みが治らないために当院を来院される方がたくさんおられます。そんな患者様が、心地よく治療を受けて頂くために、「当院で過ごして頂く時間・空間全てが治療」という理念のもと、一人ひとりを大切にする「患者様第一主義」をモットーにしています。かわたペインクリニックは、痛みで苦しむ患者様の「最後の砦」のような診療所でありたいと思っています。

若者へのメッセージ

若い方には、「決断する勇気」を大切にして欲しいと思います。決めないでいるとあっという間に時間が経ってしまいます。例え結果的に「たどり着いた場所」がたまたま同じであったとしても、「自分で決めてたどり着く場所」と「何も決めずに流されてたどり着く場所」とは、大きく意味が変わってきます。何も決めずに流されて過ごしても人生何とかなっていくかもしれませんが、後悔のない意味ある人生を送るためには、人生の岐路において勇気ある決断ができる人になってほしいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元プロ野球選手 入来祐作

元プロ野球選手
入来祐作

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長	 小林誠人

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長
小林誠人

プロボクシング選手 村田諒太

プロボクシング選手
村田諒太

お気に入り

茶道の茶碗

窯元の知人に頂いた茶碗で毎日愛用しています。日々の疲れをとったり、精神統一・精神強化・集中力向上のために、毎日お茶をたてて美味しくいただいています。

骨の模型

新しい注射方法を開発するにあたって常に脊椎の形をイメージする必要があるためいつも机の上に置いて見ています。