覚悟の瞬間(とき)

アクトメディカル 代表取締役 八尾典子
やおのりこ

八尾典子

神奈川県生まれO型
職業:アクトメディカル 代表取締役
趣味:旅行、メガネ
座右の銘:一期一会

50代前半までは専業主婦。アクトメディカル代表取締役。パーソナルカラーやテイストスケール法®などの考え方を取り入れ、心理とも関係するメガネの魅力を多くの人に知ってもらえようファッションメガネコーディネーターとして全国でおしゃれメガネ相談会を開催。著書には「40歳からのメガネ美人」「メガネ美人のおしゃれルール」。アプリ「COLOR&TASTE]も発売。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は50歳まで専業主婦でした。子育てもひと段落し、50歳前から資格などを取り始めていました。義理の母が亡くなった時、いつか人生には終わりが来るって実感しました。何だかとても焦りました。それから私が私らしい人生を生きたい、〇〇ちゃんのママでもなく、〇〇さんの奥様でもない八尾典子としての人生をここから生きてみようと。そしてその頃、老眼も進み、メガネをかけるようになっていました。いつの間にかメガネが大好きになって、メガネをかけると変身できる気がしたのです。まだ自分に何ができるのかわからず悶々としていた頃、パリのルーブル美術館の近くのお店で一枚のおしゃれなメガネのイラストを見つけました。その夜その絵が気になって、次の朝、そのお店が開くのを待つようにイラストを買いに行きました。答えがそこにあるように思えたのです。帰りの飛行機で何かメガネに関わる仕事をしようと決心したことを覚えています。

現在の仕事への想い

「要素の分析」「自分らしさ」「楽しさ」の3つです。仕事はクライアントからの依頼があって初めて成り立ちます。仕事である以上、クライアントに利益をもたらさなければいけません。私に何を望んでいるのかをよく分析します。そしてそれをどの様に自分らしく表現できるのか、そこには自分のポリシーも必要です。そしてそれを楽しく表現すること。楽しさを共有し満足頂ける時間を提供することも私の仕事です。そして成功しても失敗しても必ず何故?を考えながら分析することが明日へ繋がることだと思っています。私はメガネが大好きです。私がメガネの楽しさを一番知っていると自負しています。そのメガネの魅力を一人でも多くの方に知って頂くことが私の仕事の核となる部分です。似合うメガネがお顔にのると皆様本当に素敵な顔をなさるのです。そのときめきの瞬間が私に幸せをもたらしてくれます。日本全国を周りながらそれを実感できるのはとても幸せなことです。

あなたにとって覚悟とは

覚悟の瞬間を私はよく「腹を括る」という言葉で表現します。会社を立ち上げた時、本を出版した時、アプリを発売した時も、多くのイベント一つ一つにも腹を括って仕事に臨んできています。何故か父がよくお風呂で歌っていた「人生劇場」を口ずさみたくなります。腹を括った人間はどこか違うオーラが出ると信じています。仕事に立ち向かう時、必ず何か壁にぶつかる時があります。そんな時、私は意外と諦めが悪い。最後まで何かできる方法はあるはず・・・できることの優先順位をまず整理して、迅速にそして最後まで諦めない。窮地に追い込まれたとき、意外とこれで乗り切ってきました。けれどすべてが上手くいくことばかりではありません。そんな時には私の信念は「転んでもタダでは起きない!!」何か敗北の中からも掴み取って立ち上がる。ここまでを含めて覚悟だと私は思っています。人生には無駄はない気がします。失敗したことも何かどこかで意味があったと気づくことが多い今日この頃です。

カッコイイ大人とは?

静の中に激しい動の部分を併せ持っていたり、動の中に凪いだような静の部分を持っていたりする人に魅力を感じます。見た目では伝わらないその人の本質のようなものを垣間見た時、カッコイイなって思います。一社会人として求められている自分を演じながらもやはり溢れ出るその人の持つ本質が見え隠れする時があります。もちろんがっかりする時もありますがふとした時に見せる品格や心のピュアさ、まっすぐさ、真摯さに触れた時素敵だなって思います。きちんとしたブレない自分をもっているということかもしれません。そして年を重ねてもいくつになってもセクシーというか、色気を感じるというか・・・作られたものではなく、滲み出た輝きみたいなものを感じさせてくれる人。それって男性らしさ、女性らしさではなく、男性は男性として、女性は女性として自分の性を受け入れ、真摯に向き合っているからこそ生まれる輝きだと思うのです。

今後に向かって

5年前の私は今の私を何ひとつ想像していませんでした。だから人生って楽しいって私は思うのです。この先の5年後の自分が何をしているのかも全くわからないし、だからとってもワクワクドキドキするのだと思います。目の前の目標はファッションメガネコーディネーターのプロとしてしっかり良いお仕事を積み上げていくこと。クライアントからの要求に応え、且つお客様を満足させるメガネ選びをしていくことです。1万円のメガネも何百万円というメガネもお客様に喜んで頂き、最後にお客様から「ありがとう」と言われることを目指したいと思います。これは自分に柔軟な姿勢がなければできないし、多面的な要素が求められます。メガネの魅力を一人でも多くの方にお伝えしていくことが私の目標です。そしてそれを続けていった先にまた想像もしていなかった自分がまた待っていてくれるはずだと信じています。取り敢えずは今、目の前にあることを精一杯頑張ります。

若者へのメッセージ

最近の若い人たちは自撮りが好きですし、SNSなどに自分を上手に見せる方法も良く知っています。そのような感覚で良いと思うのですが自分で自分を好きでいることってとても大切なことだと思います。私はナルシストな人が好きです。それだけ自分と向き合って、そして自分を好きで自分を大切にしている。これって何か壁にぶつかった時に一番強い味方になってくるように思うのです。そのような好きな自分を積み重ねていくことがその人の自分らしさに繋がっていくのではないでしょうか。そして自己肯定と共に反省もしっかりしましょう。振り返ること、何故を分析していくこと、これが明日への糧になります。自分らしさをもった人は他も認めることのできる人だと思うのです。人生に無駄ってありません。だから失敗を恐れず、あなたらしくあなたの人生を輝かせてあげて下さい。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロゴルファー 宮瀬博文

プロゴルファー
宮瀬博文

バレーボール全日本男子監督 植田辰哉

バレーボール全日本男子監督
植田辰哉

コラムニスト 泉麻人

コラムニスト
泉麻人

お気に入り

エルメスのカシミアの黒のストール

10月~4月までこのストールをほとんど手放せません。コート代わり、ひざ掛け、雨よけ等。幼児のお気に入りの毛布のように忘れたりするととても不安になります。スタッフから笑われるほどいつもバックに入れています。スケジュールを考えて洗濯に出します。本当はクーラーで冷える夏にももっていたい程です。

パリで見つけたメガネのイラスト

私がメガネの仕事を始めることを決心させてくれたメガネのイラスト。自分で何ができるのか悶々としていた頃、パリでこのイラストに出会いメガネに関わる仕事をしていこうと決意。ファッションとメガネの原点。