覚悟の瞬間(とき)

元スピードスケート選手 黒岩敏幸
くろいわとしゆき

黒岩敏幸

群馬県生まれB型
職業:元スピードスケート選手
趣味:ゴルフ
座右の銘:有言実行

小学校4年から本格的にスケートを始め、31歳まで21年間スピードスケート競技に専念した。1992年アルベールビルオリンピック500m銀メダル、1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピックと3大会連続オリンピック出場をした。現在は、日本オリンピック委員会アスリート専門委員、JOCゴールドプラン委員、JOC環境アンバサダー等を勤めている。

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

群馬県・嬬恋村に生まれ育ち、幼少期からスケート靴を履いて田んぼリンクでスケートに熱中をしました。小学校高学年・中学校・高校・大学とスピードスケート競技に専念をしました。

スピードスケートを始めたきっかけ

私の地元では冬になるとスケートが盛んで、遊びの延長でスピードスケートを始めました。小学校4年生から課外活動でスケート部に入り、友達と遊びながらスケートの練習をし、勝った喜びや負けた悔しさを覚え、のめりこんでいきました。

ターニングポイント

1992年アルベールビルオリンピックでの500m銀メダル獲得が、ターニングポイントでもありスケート人生の中で一番印象に残っているレースです。

覚悟の瞬間

1984年サラエボオリンピックでの黒岩彰さんが惨敗した時。もう一つは、1992年アルベールビルオリンピックの500mスタート前です。

今後の目標

スピードスケートの競技育成に携わりながら、日本スポーツ界の普及強化に努めて行きたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元サッカー選手 釜本邦茂

元サッカー選手
釜本邦茂

プロバスケットボール選手 青木康平

プロバスケットボール選手
青木康平

中部大学 教授 武田邦彦

中部大学 教授
武田邦彦

お気に入り

ストップウォッチ

ストラップは恩師に頂きました。思い出の詰まった大切なものです。ストップウォッチ、ストラップ共に今回のバンクーバーオリンピックで使用しています。また、ストラップについているピンズは、今回のバンクーバーオリンピック用に各局が制作した記念グッズです。

腕時計

結婚した時に妻から貰ったプレゼント(結婚2年目)です。いつも肌身離さず、身につけています。