覚悟の瞬間(とき)

アイルインターナショナル 代表取締役社長 石川歩
いしかわあゆみ

石川歩

神奈川県生まれB型
職業:アイルインターナショナル 代表取締役社長
趣味:ワクワクする事、芝居・音楽の観賞など
座右の銘:イキイキワクワク

大卒後、パイロット万年筆に入社、3期連続の全社営業表彰を受ける。(公財)日本生産性本部に転職、100本を超える衛生放送のビジネス番組の制作や企業、労組、自治体等の研修講師を務める。心理療法を用いた独自の「体験気づき型研修プログラム」を構築。現在、トップ~全社員の意識変革、組織風土改革コンサルタント&講師として活躍。

ホームページ

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

就職して最初に新規事業部に配属になり、全社でただ一人飛び込み営業をやりました。当初全く成果を出せませんでした。が、ある日、「飛び込み営業なんてどうせダメだ」という気持ちでお客様を訪問している自分に気づき、「気持ちの持ち様」を変えたところ、成績がUPし、全社で営業表彰を受けました。このことから、課題に対しての「向き合うスタンス(=あり方)」が大切だと実感しました。それから、大学時代、クレー射撃の学生選手権で優勝したことから、卒業後もOBとして後輩の指導をする中で、成果に繋がる「気持ちの持ち様」「向き合うスタンス(=「あり方」)は、人によって違うということに気づかされ、もっと成果とモチベーションの関係を探求したいと思い、転職したのがきっかけです。また人の「イキイキ・ワクワク」した姿が大好きで、そうなるための支援に至福の喜びを感じます。疲弊しているビジネスマンと組織を元気にしたいと思いました。

現在の仕事への想い

組織に所属する人々が「イキイキ・ワクワク」して働くことで、結果、業績や利益はあとからついてくるものと考えています。目先の利益よりも、長期的に発展していく組織、継続した利益体質を構築すること目指しています。そのために働きがいやりがいを感じて取り組んでいる人が増えること、お互いがサポートし合って融合力を発揮すること、その輪が広っていくことを支援しています。働きがいややりがいを感じ、互いをサポートし合っている人は、「笑顔」と「思いやり」に溢れています。組織の中で、この2つが広がっていくことを意図して支援をしています。スキルやテクニックも大切ですが、組織や経営者、従業員一人一人の「スタンス(あり方)」を探求し、組織メンバーの融合力を創造するアプローチを主としています。また「逆も真なり」という発想に基づき、何事も唯一の正解はなく、真逆のこともまた正解であると捉え、柔軟な取り組みを信条としています。

そう思うようになった、きっかけ

私の行動力の源スイッチは「イキイキ・ワクワク」です。これを感じた時の行動はパワーフルです。自分だけでなく人を「楽しくすること」「笑顔にすること」に至福喜びを感じるので、天職だと思っています。また人と人を出会わせることが、今世の私の役割のように感じます。従って自身に「イキイキ・ワクワクのマルチクリエーター」「楽を生きる伝道師」「楽しさと成長の無限のスペース」「感動生産性本部」等というキャッチコピーをつけています(笑)。

あなたにとって覚悟とは

あえて言えば、世間的にみて大変なことや常識外れなことであっても、自分が「イキイキ・ワクワク」しそうに感じる「やりたいこと」に一歩踏み出す瞬間でしょうか。しかしそれは自分にとっては、「大きな決断」であるとか「究極の選択」というようなおおげさなものではなく、「やることになっていることをやり始める・・・」、「行先のわからない道でも迷いなく、自然と進む方向に足が向く・・・」そんな感覚です。誰しもが自然体に戻ると、本来いく方向や、本当にやることを自然と選択するような気がします。「覚悟」という言葉には「相当の決意」「不退転の気持ち」といった重さを感じます。しかし本来、「覚悟」などする必要性がないように思います。何の仕事も趣味も、やりたいと感じるからやるだけのことで、やり続けたいたら、結果、その道のスペシャリストになっていたということではないかと思います。なので今まで重要なこと程、悩んでないと思います。

今後に向かって

やりたいことはいくらもありますので、どれをやるかはその時点で足の向く方に進みます。自分自身が「イキイキ・ワクワク」あり続けることが原点ですから、そこからブレないこと。「空手にして郷に帰る」という言葉が好きで、何物にも捉われない自由さを持って、やりたいことをやっていきます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

衆議院議員 中田宏

衆議院議員
中田宏

国立天文台 副台長 渡部潤一

国立天文台 副台長
渡部潤一

理論天文学者 小久保英一郎

理論天文学者
小久保英一郎

お気に入り

ペリジェン・マムから貰ったマグカップ

マイアミでホームステイしたイラン人一家の母親がくれたカップです。イラン・イラク戦争中で父からの送金が来ず、生活費が底をついた状態だったのに、母は私を食事に連れていき、「私はお腹が空いていない」と言って食べず、私の食べるのを嬉しそうに眺めていました。別れる日、その母が使っていたカップをもらいました。

音楽CD棚の極一部

ドラマと音楽が大好きです。ゴールデンのTVドラマは全てHDDに録り観てます。家はDVDとCDに溢れています。音楽は「ゲスの極み乙女」「アレキサンドロス」「ワンオク」等の新しいものから、プログレ、バロック、宗教音楽、ヒーリングM、AOR等など幅広く聴いています。特にイタリアン・ラブロックのファンです。