覚悟の瞬間(とき)

さがみ名倉堂整骨院グループ 総院長 荒井洋介
あらいようすけ

荒井洋介

神奈川県生まれO型
職業:さがみ名倉堂整骨院グループ 総院長
趣味:ドライブ・ラーメン屋巡り
座右の銘:今こそ充実なり

神奈川県出身。
幼少のころから体操競技に励み国体など多数の全国大会で活躍。
大学在学中に吊り輪から落下し腰椎骨折により選手生命を絶たれる。
以降、体操競技の医療研究班、トレーナーを経て治療家の世界へ 。
現在は神奈川県を中心に11店舗の整骨院と、痛みをとるに特化した大型リハビリデイサービスを3店舗経営。
医療と介護をメインとした会社経営の傍ら、治療家を対象にした経営セミナーや技術講習会を定期的に開催し、健康大国日本のさらなる躍進を目指す。
主な著書に『肩・腰・ひざの痛みをとる本』(講談社)がある。
株式会社Gambino代表取締役。さがみ名倉堂整骨院グループ総院長。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少のころから体操競技に励みオリンピック出場を夢見ていました。しかし大学1年の時に吊り輪から落下し腰椎骨折という大けがをしてしまい選手生命を途絶えてしまいました。左下半身のマヒ症状が残っていた為に長期の入院生活とリハビリにて回復を図りました。病院の理学療法室で私のリハビリを担当してくれた柔道整復師の方がとても熱心に私のケアをしてくれました。その先生の熱意があってのマヒ症状の回復だったと今でも思っていますし、当時18歳の頃の私は「自分の人生を救っていただいた」ことに心から感謝をしました。そんな経験から自分も将来、治療家として体の悩みを抱えている人のお役に立ちたいと思い、今に至っております。

現在の仕事への想い

私は治療家でありながら経営者でもあります。治療家としては「根本治療」を大事にしています。体の悩みを抱えている方を一人でも多く助けたいと思っています。特に腰痛治療に関してはこだわりがあります。一時的に痛みを楽にするだけではなく、痛みの根本治療をモットーに、骨格環境から生活習慣まで改善するよう心掛けています。経営者としては「全員一丸」を大事にしています。現在整骨院11店舗、デイサービス3店舗を運営し、院長を含めたすべてのスタッフが仕事に責任感を感じれるよう仕組み作りを心掛けてきました。先ほどの話に戻りますが一人でも多くの方を助けたいという信念が、結果として店舗展開につながると思いますので大切にしていきたいと思います。

あなたにとって覚悟とは

学生時代に強敵だったライバルが当院に入社されたことが覚悟をするきっかけになりました。高校入学時より同級生として7年間ライバル関係でいた長谷君が入社されたことで大きな目標ができました。インターハイ・国体といつも肩を並べて出場し、個人戦や団体戦で上位入賞をしてきました。長谷君とは共通した経験が多くありますが、共通した悔いもあります。それは「オリンピックに出れなかった」ということです。私は長谷君の入社と同時に「いつか自分が生きているうちに企業競技部をつくり、当社の選手がオリンピックに出て表彰台に上がるのを見届けたい」という明確な夢が芽生えてきました。

カッコイイ大人とは?

人に勇気や希望を与えることができる人に憧れます。そのような人は感性が豊かであり、自分の目の前の人(心)が必要としている情報や思いを明確に分かりやすく伝えることができると思います。治療家である私は、体を楽にすると同時に心も楽にし、患者様に勇気や希望を感じていただく必要もあると思っています。自然とそれができる時にカッコイイ大人になれていると思います。

今後に向かって

私は治療家として一人でも多くの方の痛みを楽にしたいと思っています。この目標は自分の治療技術が上がるほど想いが強くなります。また近年、治療院がとても増えていますが同時に治療家も増えています。体の痛みをケアできる施設が増えるのは歓迎ですが、未熟な技術あるいは間違った技術を提供する治療院は歓迎しません。私は日本の治療技術が上げることで、世界の人々に「日本の手技療法は凄い」と思っていただけるような、そんな未来を夢見ています。現在も行っておりますが、当社スタッフはもちろん外部出身の治療家への技術提供セミナーを開催して正しい手技療法を広めていきたいと思っています。

若者へのメッセージ

10代でがむしゃらに過ごし、20代で感性を養い、30代で実践につなげていくことが大切だと思います。すべての年代を通して、とにかく何でもいいからチャンスがあれば経験を積む事だと思います。経験は自分の感性を豊かにしてくれるはずです。失敗してもそれが肥やしになりますし、大きな根を張るための準備になっているはずです。また自分に降りてきた出来事をスルーせずに実行し、思い出し、イメージし、思考を働かせることが大切だと思います。そんな繰り返しをしていると、分別できる大人になっていくのではないでしょうか。成功者が良く口にする「自分は運が良かったから...」なんて言葉も自発的な行動に起因するものがほとんどだと思います。その自発的な行動に、分別できるセンスが加われば成功の扉は見えやすくなると思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授 新浪博士

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授
新浪博士

ロシナンテス 理事長 川原尚行

ロシナンテス 理事長
川原尚行

元参議院議員 大江康弘

元参議院議員
大江康弘

お気に入り

チームメイトとの写真

自分が最高に燃えていた時の写真を見ると今の自分を小さく感じることができます。「もっと頑張らないと」と奮起することができる大切なアイテムです。

ナイキのスニーカー

昔から靴は好きでたくさん持っています。特にナイキのスニーカー(運動シューズ)がお気に入りです。午前中は診療で室内にいますが、午後はたいていナイキを履いて外を駆け回っています。靴は姿勢や身体バランスに大きく影響していますので、長い目で見ると重要な逸品だと思います。