覚悟の瞬間(とき)

GIC不動産管理株式会社 代表取締役 渡邊宏
わたなべひろし

渡邊宏

埼玉県生まれO型
職業:GIC不動産管理株式会社 代表取締役
趣味:ボウリング、ドライブ、食べ歩き
座右の銘:継続は力なり

飲食業界から不動産業界へ転身、不動産資産コンサル業務を主な業務としている。起業前は管理物件の清掃からメンテナンス、滞納督促、契約管理事務を経て地主営業担当を経験。御用聞き的な営業スタイルに疑問を抱き、不動産コンサルタントを目指していた。2012年にはCPM(米国不動産経営管理士)のライセンスを取得。自身でも不動産資産の活用運営、そして相続を経験し、不動産にまつわる総合相談窓口として現在も活動中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

飲食業界を辞めると決めたとき、前職の不動産管理会社からお誘いをいただきました。その時は、自分が不動産業界で務まるわけがないと思っていました。ただ、せっかくお話をいただいていたので、断るにしてもお会いして断ろうと会社に向かったのがきっかけです。そこで社長に言われた言葉。「この業界は20年後には必ずサービス業になっている。だから不動産業界を知っている人ではなく、サービス業を知っている君のような人材が欲しいんだ!」この言葉と社長の男気に惚れて、この業界に迷いなく飛び込みました。その翌年には宅建の試験を目指しましたので、夜な夜な勉強した日を、今でも忘れません。その精神が今でもあるのかもしれませんが、クライアントの想いに応えられる不動産コンサルタントを目標に、日々勉強し、コンサル活動をしております。

現在の仕事への想い

日本の不動産業界はまだまだイメージが良いとは言えません。不動産管理会社や不動産コンサル会社と言っても、本当の意味でクライアントのために仕事をしているのかと言えば、必ずしもそうとは言えないのが実情でしょう。人口減少、空家問題、建物老朽化などの問題、国内不動産会社の乱立で、不動産会社は生き残りのために自分たちの利益を求め、肝心なクライアントの利益を求めなくなってきました。私は、そんな事をしていたら、いつまでたっても不動産業界のイメージは良くならないと考えています。ですので、この業界に居ながらクライアントの利益の向上を真剣に考えられる人や会社が必要だと確信し、起業をいたしました。これからは、多くのクライアントと接し、悩みを共有し、クライアントにとって最良の提案ができるコンサルタント会社を目指してまいります。

そう思うようになった、きっかけ

コンサルをいていると、「相続相談」や「賃貸経営相談」が多くあるのですが、調査を行うと解ることがあります。それは、心無い税理士や建築士が相続対策のフレーズを使って、賃貸アパートや賃貸マンションを建てさせてしまう事です。本来ならば計画地の賃貸市場性、建物の予算、採算性、そして相続においては分割、納税対策を検討し、資産活用として有効であれば行うのですが、ほとんどの物件は「節税対策」のみの検討で建物が建てられているのです。「これで税金がかかならくなる」とクライアントを安心させているわけです。ただ、その物件が十数年たち、相続が発生し、子供の代に渡るころには、空室が目立ち、建物はボロボロ、借金だけが残った、いわゆる「不動産負債」になっているのです。無計画な不動産投資を「相続対策」の一言でさせたくない。また、賃貸経営に行き詰まった人を何とか助けたい。という思いが、今の私の土台になっているのです。

あなたにとって覚悟とは

クライアントのことを本気で考えると決めたことです。これは簡単なようでとても難しいことです。仕事は効率や利益を考えることが大事ですし、基本的なことかもしれません。しかし、私はクライアント目線でクライアントに寄り添って、問題の解決に取り組んでいこうと決意しました。幸いにも、私はそんなに器用ではありませんので、クライアントと一緒に一歩一歩進んでいく事の方が似合っているのかもしれませんね。誰もが直面する不動産についての「悩み」を解決するにあたり、ご家族の皆さんがきちんと理解したうえで対策を講じることこそが、みなさんの幸せに繋がるのだと確信しております。

今後に向かって

日本の不動産業界のイメージを変えていきたいです。大袈裟な表現かもしれませんが、同じ志をもった不動産コンサルタントが力を合わせて活動を続ければ、必ず国内の不動産業者のイメージは変わると信じています。そのためにも私は、この想いを表現し、活動し、仲間を増やしていくことが必要と考えています。たくさんの壁が存在しているのも理解していますが、「継続は力なり」、乗り越えるまではあきらめずに業界イメージ向上を目指します。一方で、賃貸経営に悩みを抱えている方は年々増加しています。どのような対策をするのか、何をしたら収益改善に繋がるのか、真剣に向き合い提案をしていきたいと考えています。業者の利益を優先するのではなく、クライアントの利益を優先する会社を目指します。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

講談師・人間国宝 一龍斎貞水

講談師・人間国宝
一龍斎貞水

衆議院議員 柴山昌彦

衆議院議員
柴山昌彦

精神科医 名越康文

精神科医
名越康文

お気に入り

CPMバッチ

不動産コンサルタントのきっかけを与えてくれたのが、CPM(米国不動産経営管理士)というライセンス。クライアントの利益の最大化を目指し、現状把握スキル、問題提示スキル、提案スキルを習得し、倫理観を持ってクライアントの目標を達成させるスキルを持つ者だけに与えられる。私はこのライセンスを誇りに思います。

金持ち父さん貧乏父さん

この本を読んで不動産投資に興味を持った方は多いと思います。私はこれを読んだ時に、不動産投資(賃貸経営)を知らない人達が、こちらのフィールドにたくさん来るのだと直感しました。それから、私自身も勉強し、体験し、皆様のお役に立てる不動産コンサルタントを目指したのです。これが今の私の原点です。