覚悟の瞬間(とき)

株式会社リアルコンテンツジャパン 代表取締役 古川晃
ふるかわひかる

古川晃

神奈川県生まれO型
職業:株式会社リアルコンテンツジャパン 代表取締役
趣味:仕事、読書、旅行、キックボクシング
座右の銘:人生一回

日本大学法学部卒。法律会計事務所勤務を経て独立。総合経営コンサルティンググループであるRCJグループ(株式会社リアルコンテンツジャパン、行政書士法人RCJ法務総研、社労士法人RCJ労務総研他)を創設し、会長就任。現在は経営に関する助成金補助金、資金調達、資産運用等のコンサルタントとして多方面で活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に

いくつかの経営支援をする法律会計事務所に勤務していたときに、クライアントの利益のために提案できることがあるにも関わらず、ただ事務を代行するという仕事ばかりしていて、士業としての在り方に疑問を感じました。例えば、上司に助成金や補助金の情報をクライアントに提供したら、もっと喜ばれるのでは?と提案しときに、「余計なことはしなくて良い」と言われ、それはなぜかと聞いたところ、「毎年変わる制度を追いかけるのは大変だし、もし失敗したら信頼を失い顧問先が離脱してしまうリスクがあるのだから、ミスのない様に与えられた仕事をすれば良い」と言われました。それから、果たしてそれでいいのか、もっとクライアントの利益に貢献できるのではないかという思いが募り、もっとクライアントの利益に貢献できる、本物の情報を追求し発信していく、提案型のコンサルティンググループを創りたいと思い起業に至りました。

現在の仕事への想い

とにかくクライアントに喜んでもらうことです。愛情を持って接し、感謝を忘れず、常に何か貢献できることはないかを考えることが大切だと思っています。言われたことをただこなすだけでは、単なる事務代行に過ぎません。しかし、本物の情報発信を通じて、クライアントの期待を超える感動を提供することが出来れば、クライアントに愛され、RCJグループと出会えて良かったと言って頂けると思っています。私どもは、クライアントのパートナーとして、クライアントの繁栄に貢献することが社会全体の発展に繋がり、全社員がやりがいと使命感を持って仕事ができる職場作りに繋がると信じています。それは弊社の存在が、クライアントと社会と全従業員にとって常に三方よしでありたいという想いに繋がっています。縁あるすべての人の幸せに貢献できる仕事がしたい、というのが現在の想いです。

そう思うようになった、きっかけ

いくつかの士業事務所勤務を経験した中で感じたのは、所長が偉くて、あとのスタッフはアシスタントであるという形態が多いということです。主役は所長で、あとは脇役。皆がいずれ独立するために学んでいる、という関係です。しかしながら、現場ではそういったことは学べませんし、独立開業というのは、専門能力だけでは足りず、マーケティング能力や営業力、人脈構築能力やコミュニケーション能力などの様々な能力が必要になってきますから、向き不向きもあります。つまり、使命感とやりがいをもって働くためには、独立するしか道はないのにも関わらず、結果としては過当競争を生み、苦労するという悪循環を生んでいるということです。そういった事を目にしてきたときに、人生一回なのだから、全従業員が主体的に動き、高いパフォーマンスを発揮し、一人一人が主役として、物心両面の幸せを手にいれることができる職場を創りたいという気持ちになりました。

あなたにとって覚悟とは

本当に実現したいことのために、余計なものは捨ててしまうことが覚悟です。人生は、選択と決断の連続で、求めるものが大きければ大きいほど、賭けるべきものも大きくなります。新しいことをするとき、人は誰でも不安と恐れが生じますから、失敗したらどうしよう、上手くいかなかったらどうしようと考えてしまいます。でも、それを恐れていたら道は切り拓けません。誰だって怖いんです、それでもやる。必ずやり切る。必ず実現する。自ら道を切り拓ける人と、そうでない人、その違いは覚悟の違いに他ならないと思います。たった一度の人生、最高のものにしたいと思うなら、覚悟を決めなければいけないのです。私は毎日、優先順位を明確にし、自分にとって大切なものは何か、そのために捨てるべきものは何かということを、自分に問い掛けています。つまり、毎日が覚悟の連続という事です。

今後に向かって

日本一、クライアントに愛されるコンサルティンググループへ成長発展させていきたいです。そして私には、たくさんのビジョンがありますので、それをどんどん発信して、共感してくれる仲間たちと共に、ビジョンを実現していきたいと思います。焦らず、怠けず、ズルをせずに本物の情報を追求し、クライアントへの貢献を通じて、社会全体の発展に貢献し、全従業員みんなが幸せになれるような、そんな職場を作っていきます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

格闘家 桜庭和志

格闘家
桜庭和志

服飾評論家 市田ひろみ

服飾評論家
市田ひろみ

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

お気に入り

ステーショナリー

仕事道具は、一流のものを使うこと。仕事に対して妥協しない心がけが、クライアントへの礼儀だと考えている。

革製品

良い革製品は、大事に手入れをすれば、一生使える相棒。使えば使うほど味が出て、一番側で仕事を支えてくれるパートナーだと思っている。