覚悟の瞬間(とき)

レイティスホーム 代表 石井健伍
いしいけんご

石井健伍

神奈川県生まれA型
職業:レイティスホーム 代表
趣味:旅行・スポーツ全般
座右の銘:勝利・行動力・運

日本航空高等学校通信学科卒業。某大手営業会社に入社し、環境に耐え切れず3ヶ月で退職。退職後、父の知り合いの中小企業に作業員として入社。再び営業職に挑戦したいという決断から2年で退社し、某中小企業商社に入社。入社後は、寝る間を惜しんで働き、2012年結婚相談所を創業。2013年結婚相談所事業と並行して、住宅リフォーム会社を個人で創業。2014年住宅リフォーム会社を法人化(現株式会社レイティスホーム)し、現在に至る。  

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少期~学生時代

私は、4人兄弟の末っ子に生まれ、幼少期から兄弟の中で一番わがままで一番手がかかったそうです。小さい頃から欲しいものは絶対手に入れたい・目立ちたいという願望が強かったのは覚えてますね。ただ正直勉強がとても嫌いでした。小学校も中学校も高校も勉強を全然しないで過ごしてきましたね。ただその反面両親は、私がやりたいことを一度も断らずに何でもやらせてくれました。それがかえって今の仕事の色々な発想を考える根源や行動力になっているのではないかと思っています。

現在の道へ進んだきっかけ

父が会社を経営している姿を幼い頃から見ていて小学校の頃には「社長になりたいな」という考えは持ってましたね。中学生になって、周りの友人も将来なにしようかな?とか色々と考える時期に入っていき、よく言われたのが「お前は、親の会社継げばいいじゃん」と言われてましたが、その頃には「自分の会社を作る」と決めていました。ただその時は漠然と自分の会社を作りたいという考えだけで、何をやるかは決まっていませんでした。

覚悟の瞬間

高校を卒業して、起業するために一番の近道は営業スキルだと考え、某大手営業会社に入社しました。最年少でトップをとってやるという意気込みで仕事をしていましたが、社会の厳しさ・仕事の厳しさを知り、3ヶ月で心が折れ退社。その後は起業するという考えを捨て、父の知り合いの建材屋に就職し、社長夫妻に可愛がられ何不自由ない生活を送っていました。ふとした時人生一度しかないのだからもう一度営業会社に挑戦しようと思い、某商社に転職し、睡眠時間を極限まで削り、全勢力を仕事に集中させました。結果7ヶ月後にはトップをとり、その後すぐに起業しましたね。会社を辞め、最も尊敬する上司に起業しますと言ったときに「お前なら大丈夫だよ」と言って頂き、その言葉が私のターニングポイントです。

今後の目標

私はビジネスに関しては攻撃的な人間なので、守りに入らずどんどん前進していく気でいます。将来会社が大きくなった暁には、ブランドがあるという意味でも、さらにお客様から信頼いただけるようなリフォーム屋になれているだろうと思います。たとえばリフォーム後10年の補修を保証しますと言っていても、小さい会社ならその10年間のうちに潰れてしまっているかもしれない。それならばということで、お客様も、たとえ小さい会社より費用がかさむとしても、ブランドのある大きい会社のほうを選ぶ、という心理があると思うんです。会社が続いて大きくなることによって、その壁を一つ越えられたら嬉しいですね。ただ、大きくなった時にもそのネームバリューに甘んじずに、現在の姿勢を歪めずに全国展開していくつもりです。良い口コミの輪が広がり続けるような会社でありたいし、そのために誠実な仕事をしたいと思っています。

日本を背負う若者へのメッセージ

今は社長をしている私も、学生の頃には、「親のすねを齧って暮らせればいいや」というような馬鹿な考えを持った人間でした。しかし、一度社会に出てすぐにその考えが通用しないと分かったし、自分で稼がなければどうしようもないということにも気づきました。自分の心がけ次第で、人はいくらでも変わることができます。中学校の頃の友達が今の私を見たら、必ずびっくりされます。あのふらふら遊んでいた奴が、今は会社を経営しているわけですから。実は学生時代の同級生も社員として働いてくれているのですが、その頃の自分には彼も絶対についていこうとはしなかったでしょう。過去がどうであれ、信念を見つけて、それに従って生きられるようになれば、全然違った人間になれるということを、学生の皆さんには伝えたいですね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

野球解説者 衣笠祥雄

野球解説者
衣笠祥雄

三味線演奏者 吉田良一郎

三味線演奏者
吉田良一郎

放送作家 元祖爆笑王

放送作家
元祖爆笑王

お気に入り

座右の銘

日本筆耕技能協会 第24回コンテスト 最優秀賞を受賞した、賞状書士の川瀬一枝先生に私の座右の銘を書いていただいた物です。壁に当たった時などにこの字を見て頑張っております。

高尾山の数珠

経営者の先輩から、高尾山を下から登って頂上付近にあるお寺(薬王院)で祈願してもらってから、そこに売っているタイガーアイの数珠を買って着けると仕事運上がるよと教えていただき、言われた通りに実行した時に高尾山で購入した数珠です。本当に高尾山に行ってから事業好調になりました。今では肌身離さず身につけております。