覚悟の瞬間(とき)

株式会社DYM 取締役 沖之城雅弘
おきのじょうまさひろ

沖之城雅弘

広島県生まれ
職業:株式会社DYM 取締役
趣味:スポーツ観戦、サウナ、映画鑑賞、旅行、読書
座右の銘:Pursue the standing ovation!!

株式会社DYM取締役
新卒紹介事業部部長
経営コンサルティング会社を経て、2010年にDYMへ入社。関西学院大学在学中にラクロス部に在籍し学生日本一になる。大学を卒業後、大手人材コンサルティング会社を経て、2010年株式会社DYMに入社。
2010年10月より成果コミット型新卒紹介事業の立上げを行い中小・ベンチャー企業を中心に新卒採用をサポート。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

カッコイイ大人とは?

常に目的を持って、何事にも本気で取り組む人がカッコイイ大人。60歳、70歳になってもそれを続けることが重要だと思います。

なぜ今の仕事に?

大学卒業後は人材サービスの会社に入社しました。将来は起業することを考えてその会社を選びました。入社当初は企業の新卒採用支援を担当しました。仕事が面白くなっていったのは、顧客企業が人材を採用をした「その後」を見れるようになってからです。中小ベンチャー企業の発展には新卒採用が一番大事なんだ、と実感できるようになってくると、仕事が楽しくなっていきました。

現在の仕事への想い

新卒採用で言うと、会社の理念や既存の社員、この社長についていきたいといった感情的な部分が入社志望の決定要因になってくる。これは採用をする会社にとって、今の会社のレベルに合わないような優秀な人材が高いロイヤリティを持って採用できる材料と言えます。DYMでも近年新卒採用を行ったことが発展の要因となりました。中小ベンチャーにとっては命運を分けるのは新卒採用。新卒採用がうまくいっている会社は発展する可能性が高いと言えます。

そう思う様になったキッカケ

よく人材採用は新卒7・中途3の割合が会社として強いバランスを持てると言われています。まさにその通りで、学生時代の素直な状態で入社をし、創業者の考え方に染まって活躍をしていくことが会社組織を生んでいくと思っています。どこの会社もひとつの大きな考え方の元に一致団結をして成り立っている。新卒採用をしてゼロから人を育てていかないと会社になっていかないんです。

あなたにとって覚悟とは

私にとって覚悟は「決める」こと。決めたことを必ずやることだと考えています。決めたことを気分に流されてぶらしていると、目的には辿り着けず、時間だけが経ってしまう。決めたことをまずやってみて、その後にどう感じるかを考えて、また決めていくことが重要だと思っています。自分で決めたことを必ずやる、やりきるとが一番重要だと思っています。

今後に向けて

今後、新卒採用市場は中途採用市場と同じようになっていくと思います。今まで新卒採用市場には紹介事業が不思議なことになかった。新卒採用といえば、これまで広告だけでした。広告情報媒体はこれからも重宝はされると思いますが、中小ベンチャー企業は紹介サービスの方が合っているので、紹介やイベント型に切り替わっていくのではないでしょうか。日本の就活生は約50万人。目下の目標は1万人当社経由での採用にすること。事業の発展によって中小企業の活性化に貢献していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

総合格闘家 山本 KID 徳郁

総合格闘家
山本 KID 徳郁

講談師・人間国宝 一龍斎貞水

講談師・人間国宝
一龍斎貞水

Actor Comedian Producer 神田瀧夢

Actor Comedian Producer
神田瀧夢

お気に入り

社章

2015年に作成された、DYMの社章。非常にスタイリッシュで社員皆が気に入っています。

名刺入れ

日が経つごとに愛着が沸く、名刺入れ。今後、様々な思い出を刻んでいきたいと思います。