覚悟の瞬間(とき)

オカムラ歯科医院 総院長 岡村 興一
おかむらこういち

岡村 興一

千葉県生まれA型
職業:オカムラ歯科医院 総院長
趣味:旅行、車ドライブ、読書
座右の銘:“イ”を汲んで“ミ”を容れる

1947年千葉県生まれ。1972年、東京歯科大学卒業。東洋の自然観、生命観そして宇宙観に強い関心を持ち、日本はもとより中国、香港、台湾、韓国、スリランカ等で東洋の伝統医学研修。現在、渋谷と世田谷の医院にて、診療に従事するかたわら、東洋医学と西洋医学、全身と口腔、精神と肉体という、三つのカテゴリーにおける各々の対比研究から、独自の健康観「根本健康(Fundamental Health)®」を確立。私塾にてその啓蒙活動を展開している。

オフィシャルサイト オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4

幼少期~学生時代

生まれ育ったところは、千葉県北部の下総台地にある片田舎で、高校時代まで過ごしました。子供のころの思い出としては自然環境との噛み合い(交流)抜きには語れません。雨水を受ける天水桶の水面ある浮草と中で泳ぐ金魚。時々のやってくる浜訛りの行商のおばさんの声。周りの水田の季節ごとの変化、特に秋の収穫期に一面に染まる稲穂の黄金色とイナゴの羽音。冬は掘りごたつの中で作る母の甘酒の味。里山に立ち上る炭焼きの煙。小川のメダカ。周囲の葦原と生息するカワセミの美しさ・・・などなどの環境で、身体感覚と新自然環境がシンクロした環境で、よく遊びそしてよく学びました。小学校は野球、中学高校でバレーボール(9人制)。貧しかったが楽しかったです。

現在の道へ進んだきっかけ

絵を描くことや木工、なぜか目覚まし時計の分解と組立が好きで、芸術・技術系の職業が向いているかなと思っていましたが、待合室に集まる患者との応対をしながら、孤軍奮闘診療に励んでいる歯科医であった父の後姿をみて(受付、治療、会計すべて一人でやっていた)、だんだんと医学系へ関心が向いてきました。高校二年の時にリレーで転倒して、鎖骨の複雑骨折から当地の病院に入院した体験も、大きく影響していたかもしれません。

覚悟の瞬間

東京の歯科大学を卒業してから、地方の新設歯科大学の小児歯科学教室へ赴任することが決まったため、卒業後交際していた現在の妻と結婚し、新天地で医局生活を迎えることになりました。すぐに子宝に恵まれこれから頑張っていこうと心に決めました。しかし、その年の12月寒い夜突然強い腹部の痛みを覚えたので、冷えからと思い温罨法と鎮痛剤でやり過ごそうとしました。妊婦をかかえていることもあり、心配させて流産でもされたら困るので深夜別の部屋で脂汗を流しながら耐えました。夜も白む前いよいよ我慢できずこっそりと家を出て近くの内科医を訪問しました。医師は眠い目をこすりながら白衣にも着替えず採血し、白血球の数値が異常とのことで、タクシーですぐ近くの総合病院へ…記憶が薄れ、病院で少し意識が戻ったときにはストレッチャーで運ばれていました。その後は覚えていませんが、昼頃目が覚めた時には腹部には白い布、口にはドレーン…なんと、開腹手術により一命をとりとめたとのことだったのです。虫垂穿孔性汎発性腹膜炎だったのですが、当直医が外科医であったことが幸いでした。 希望に満ちた新生活は、自信を持っていた体にメスが入り何かが崩れました。昨日まで元気だった自分がこの状態・・・もらった命か・・・これから生まれる新しい命は・・・これが私の覚悟の瞬間でした。

日本を背負う若者へのメッセージ

過去も未来も現在に包含しています。今に生きよう。つまずきのない人生なぞあるわけがありません。自分の生理を今考え、今感じ、そして今行動してください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

放送作家 鈴木おさむ

放送作家
鈴木おさむ

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授 高山忠利

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授
高山忠利

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

お気に入り

秘薬入りロケットペンダント

中国医学、アーユルウェーダ、ユナニは世界の三大伝統医学と言われています。その医学的ルーツはアジアに集中している。中でもそのすべてを内蔵しているスリランカは、涙のような形をした小さな国であるがとてもミステリアスで文化をもっています。小生が現地を訪問したときに高位の占術師に処方してもらった伝統的秘薬をロケットペンダントに包接し(2012年)ネックレスをしながら日常臨床に従事していますが、それから業種を超えてさまざまな人との出会いが増え、人脈が急速に増えています。

時計

1975年初めて海外の東洋医学(鍼灸)のクリニックを訪れたのが香港でした。その時免税店で購入した時計がROLEXシードウェラー 610m 防水性能 1971年の発売モデル。サブマリーナの派生モデルでヘリウムガスを抜くためのにバルブが、ケースの9時位置に付き、飽和潜水に対応している。陸のモータースポーツ、海のダイビングとボート、空の小型飛行機・ヘリ搭乗などの過酷な環境を経て40年近く愛用していますが、2回オーバーホールに出しただけで現在も毎日使用しています。私の体の一部となっていますね。