覚悟の瞬間(とき)

イデア学園 代表 園田洋嗣
そのだようじ

園田洋嗣

大分県生まれA型
職業:イデア学園 代表
趣味:音楽鑑賞、ジムにて肉体強化
座右の銘:如何なる時も僥倖に頼らず

長崎大学工学部時代より長崎市大学予備校の非常勤講師を始める。約15年間長崎市と大分県の地元にて小中高の学習塾にて常勤講師、5年間プロ家庭教師を経てH20年個別指導塾「イデア学園」を開校する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

高校時代に学力は落ちこぼれに近い状況で、大学浪人時代に予備校講師の方々のおかげで数学・物理・英語の学びに目覚めました。大学進学後はアルバイトで始めた予備校の非常勤講師時代、当時の受験生に大人気の現代文講師と、長崎で有名な英語講師の2人に「教える立場」としての薫陶を受けました。自身が予備校生のときは数学・物理で徐々に世界観が理解できワクワク感を覚え、英語という外国語にいかに日本語を対応させるのかなどはその後に知識習得の自信となっています。学ぶ立場から教える立場へ魅力を感じたのは、獲得した知識を単に教えるだけでなく、人と人との関係性で深い知識が伝わっていくことを痛感したからです。

現在の仕事への想い

予備校講師時に受けた教訓「教壇に立つ限り学び続ける」「愛情をもって指導する」は塾講師としての金言ともいえます。教える経験が増えるにしたがって講師自らが学ぶ姿勢を止め、上から目線の指導をすることがあります。幸いにも仕事に就いた当初から「授業の準備を万全にせよ」「勉強だけは続けなさい」こうした戒めが当然のごとくに意識化されていました。のちに自分のような学力・学歴が平凡でもエリートの難関大学出身講師と同等か時にはそれ以上の評価を受けられたのは、紛れもなくメンターともいえる2人の金言・戒めがあってのこと。気が付けば講師歴も25年近くになり次の世代を育てる立場となった今、イデア講師達にも伝えなければとの思いがあります。一方で塾経営を行うようになってからは、講師時とは異なりマーケティング等の新たな知識の習得が必要となります。生徒から徐々に「お客様」の意識となってからはイデアという塾が社会的にどう貢献できるか?何を要求されているのか?を軸に「生徒目線」を大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

大分に帰省し地元の学習塾で講師をしていた20年前、塾経営者と指導全般に関して思いが違うことで納得のゆかぬままストレスから体を壊してしまいました。一時期は働くこともままならず、離職した後も苦痛の毎日が続くこととなり、そのとき唯一行動していたのが、図書館にてただひたすら本を読み漁ることでした。数年間にわたる英語・語学の専門書から思想・哲学における古今東西の賢人たちの教えなど、生き方倫理観などに気づき、大げさに言えば「知ることが生きること」までに思えはじめました。徐々に体調も回復した後に復職し、日曜日や仕事の空き時間にも図書館通いが日常となると生徒の指導にも大きな変化が生まれ、まさに自分のコアを形成し、学ぶことは生きる上で不可欠であると気づき、若いころ追い求めていた講師の理想の根底に自分自身の体験から知識・一般教養の重要性を痛感する事となりました。その後に塾講師さらに理想的教育機関を作ることをライフワークであると覚悟していたように思えます。

カッコイイ大人とは?

誰も通ったことのない道を、ひたすら自分の理想や信念を追い求めて進んでいる、そんな人がカッコイイ憧れであると思います。私の浪人時代予備校で物理を教えてくれた天才的講師と、また受講した生徒の誰もがその人間性に魅了された現代文講師の方です。

今後に向かって

200人の在籍生徒数を達成した後は個人経営の塾さんの「塾コンサルタント」を行い、全国各地の地元にて懸命に頑張っている経営者の方を応援し教育水準の向上に貢献したいと思います。究極的には地元大分に中高一貫校を設立し「ここで学べば自分の理想が叶えられる」と生徒の夢が実現できる教育機関の設立を考えています。

若者へのメッセージ

私は幸運なことに人生のある時点で一人の救済者といえる人に出会え、正しい道へと導かれた実感があります。この人の救済なしには今の私は存在していないとまで言い切れます。若い皆さんも、そんな人と巡り合うこと、出会いを大切にすること、後に感謝の気持ちを忘れないことが大切だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

北海道夕張市長 鈴木直道

北海道夕張市長
鈴木直道

格闘家 桜庭和志

格闘家
桜庭和志

プロビーチバレー選手 草野歩

プロビーチバレー選手
草野歩

お気に入り

TUMIのカバン

約10年使用し日々の業務から東京のセミナーまで常に同伴しています。

電子手帳

この電子辞書は10年以上使用している家庭教師時代からの商売道具。生徒指導時だけでなく自身の研究にも重宝しています。 まさに愛用辞書。