覚悟の瞬間(とき)

医療法人ixiファミリー歯科 理事長 安部秀弘
あべひでひろ

安部秀弘

宮城県生まれA型
職業:医療法人ixiファミリー歯科 理事長
趣味:仕事
座右の銘:Every wall is a door

国立新潟大学歯学部卒 勤務医を経て開業。現在従業員数43名治療台12台の歯科医院に発展。昨年日本で初めて歯科医院内に認可保育園開園。新生児期からの呼吸や嚥下などの筋機能を考える「口育」を考案。日本口腔筋機能学会学会員、アメリカ応用筋機能科学学会(AAMS)学会員。著書 全身の発育を口から見る「口育」。東京FMに出演、毎月八重洲にて歯科医向けにデンタル保育について講演を開催中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

家は貧乏でお金がありませんでした。単純に大学は国立にしかいけませんでした。そして医者や歯医者になれれば人生の成功者になれると思っていました。その想いから2浪して歯学部に入りました。高校の時は中の下の成績でしたから、受かって高校に挨拶に行った時は先生方がビックリされていましたね。負けず嫌いだったんで2年間必死で勉強したんです。その結果不思議な事に2浪してから急に成績が伸びて最後は予備校でも上位3名ぐらいになっていました。そして本当は国立医学部を目指していましたが、センター試験の国語がダントツにダメで仕方なく安全圏の歯学部を受験しました。入学して歯科医という仕事が今人数が多くてこれから更に大変だと聞かされた時は色々な意味で挫折感と無気力感で一杯になりました。正直当時は歯科医という仕事に何の魅力も感じていませんでしたので、成功するためのノルマとしてしか考えていませんでした。

現在の仕事への想い

卒業後、イトーヨーカドーのテナントで念願の開業をし、初期から予約が1か月以上先まで入るような状態で、これで本来の成功という目標は達成されましたが、後は延々と死ぬまで人の口の中で歯を削り続けるだけの人生である事に軽く絶望を感じていました。そしてついに体調を崩すようになり、入院してしまう事態になりました。そのころから、歯を削る事や抜く事は患者さんにとっても自分にとっても不利益にしかなっていないと感じ、自然と予防歯科中心の医院へと変わっていきました。そしてしっかり予防すれば確実に抜いたり削ったりする必要がなくなる事を知り、そのことを患者さんに熱く説明する事で患者さんからの信頼が得られ、自分も患者さんも幸せになる事ができるようになりました。全身の病気のほとんどが口から来ます。心臓の手術や大きな移植手術、癌になった時もまず必ず口腔のメンテから入ります。口腔のケアをする事は全身の病気の予防になり、歯を残す事で食生活を維持し寝たきりにならなくする事が出来ます。今は自分の仕事に強い遣り甲斐と生き甲斐を感じる事ができるようになりました。そして認可保育園を院内に設置し0か月からの完全管理のメソッドを実践して口呼吸や歯並びなどから徹底して予防していく「口育」という本を作り、医院内外にて普及活動をしています。

あなたにとって覚悟とは

自分はいつも死を恐れていました。癌になったらどうしよう、脳梗塞を起こしたらどうしよう、日々仕事をしながらそのような不安がいつも心をよぎっていきました。そしてある朝はっと気づいたんです。結局成功もましてや悩みも不安も死後の世界では無になるのだと。だからこそいつ死んでも悔いのないように毎日があしたのジョーのように「真っ白な灰」になるように、全力で自分のミッションに取り組むようにしなければ行けない事を。そしてその為に自分の人生をかけるマイミッションを見つけなければいけないことを。それは本当にある朝いきなり自分の中に降ってきたんです。恐らくそれは自分はいづれ死ぬという当然の事をしっかり受け入れた瞬間だったのかもしれません。死を前にしては成功も意味を持ちません。あるのは「何の為に生を使うのか?」という問いのみです。そして自分は現在「口育」というライフワークを見つけ利益を顧みずに全国、全世界への普及に奔走しています。

カッコイイ大人とは?

揺るぎない信念を持ってる大人は無条件でカッコいいのではないでしょうか?最近よくテレビで見る方々も、どう立ち回ったら周りの理解を得られるか、そればかりが中心になって自分の信念に基づいての発言や行動がほとんど見られない気がします。良い事、悪い事とありますが、かっこいいかどうかだけで考えるなら、自分の本当の気持ちを一回だけずばっと言って終わりにするような方がかっこいいと思います。どんなに周りに非難を受けても全く微動だに自分の姿勢を変えない大人がいたら、最終的には「かっこよく」見えてしまうのではないでしょうか?逆にコロコロいう事や、やる事が変わる、人や場所によって言い分けている、そんな感じだと醜悪に見えてくるような気がします。自分自身の信念やルールを持ってる事が人を魅力的に見せるものだと思います。

今後に向かって

現在は「口育」という口から全身の発育を考える究極の予防歯科に取り組んでいます。同じような概念は実は日本以外の先進国ではとっくに取り組んでる分野なのですが、自分オリジナルの確信的な「口育」メソッドがあります。この口育を日本、そして世界に広げる事が今の自分のミッションです。また小児だけでなく、予防は最も人々の大きな利益を与える医療分野です。人生で最も尊いのは命よりも健康であると思っています。死ぬ直前まで人間らしい生活、おいしく何でもバリバリ食べれる事を実現する為に、医院自体は厚生労働省から認可を受けた「かかりつけ歯科医機能強化型歯科医院」としてのメンテナンスステーションとして日本最大規模を目指して行きたいと考えています。

若者へのメッセージ

人は死ぬまで進化し続けなければいけません。自分の持ってる余剰時間、余剰資金は全て自分自身の夢の実現の為に投資する事を勧めます。老後の資金の為にいまから貯金をするなどナンセンスです。色々な経験や勉強、それらは目に見ませんが、確実に将来の自分のLVアップに繋がり大きな可能性を得る為の前提を作ります。特に若いうちは様々な経験や勉強に全てを投資してよいと思います。大切なのは「何が得られるのか」ではなく自分自身が「どうなりたいのか」だと思います。生物のテーマは永遠の自己進化です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

柔道家 古賀稔彦

柔道家
古賀稔彦

バレーボール元日本代表・タレント 川合俊一

バレーボール元日本代表・タレント
川合俊一

参議院議員 佐藤 正久

参議院議員
佐藤 正久

お気に入り

ペーパーウェイト

とあるショップにおいてあるのが目に留まり即買いしました。金属でできたもので「Every wall is a
door]と刻まれています。

キーフォルダー

実践会という年間セミナーでチームグッズとして自分が作りました。笑顔で挨拶、感謝の意、奉仕の心、という3つの戒めが書いてあります。