覚悟の瞬間(とき)

オリオンデンタルクリニック 院長 高橋伸児
たかはししんじ

高橋伸児

島根県生まれB型
職業:オリオンデンタルクリニック 院長
趣味:ゴルフ、釣り、バイクツーリング
座右の銘:為せば成る

九州歯科大学卒業、スウェーデン ハルムスタット州立病院、ステン.イサクリン先生に師事、チームダグネリット病院留学 顎咬合学会・認定医、GOIA認定医(ドイツ国際インプラント 学会認定医)、日本口腔インプラント学会・会員、インプラント矯正研究会・会員

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学の頃は自分の理想とする歯科医像というものがありませんでした。しかし、大学を卒業して2,3年してインプラント治療がでてきたんです。今まで入れ歯だった患者さんがインプラントにする事で、普通にモノを噛めるという、画期的な治療方法だと感じ、インプラント治療がしたいという気持ちが出てきたんです。知り合いを辿ってインプラント治療をされている先生を紹介してもらい、勤務医として勤めさせて頂きました。そこでは、とにかく一生懸命治療を行いました。

現在の仕事への想い

インプラント治療に30年近く携わってきて、今までのインプラントの問題点は大きく2点あると感じました。1つ目は材質が金属のチタンということです。もう1つ目は2ヵ月ぐらいから長くても半年くらい最終的な歯をつけられないという点です。そこでもっといい方法はないかなと思っていた時に、ウルトラソニックインプラントというものに出会いました。これは、条件さえよければ埋めたその日に歯がつけることが出来、その日からモノを噛むことが出来るようになります。また、日本には保険治療の仕組みがあることによって、歯科医が患者さんのお口の中に金属を入れることにあまり抵抗がない人が多いんです。しかし、海外の考え方はちがうので、海外の先生からすると日本の歯科医療ってそんなものかなって思われてしまうんです。そう思われてしまうのが嫌で、海外に負けたくないという気持ちがあります。

あなたにとって覚悟とは

何千回インプラントの治療をしていますけど、未だに手術終わった際に冷静になって「あの時ああしとけばもっと良かったかな」とか必ず考える事があります。その繰り返しによって、極めていくしかないと思うんです。自分がこういう風になりたいという目標が必ずあるはずで、そこまでに自分が追い付いていなければ、やっぱりめげます。しかし、めげて無理って諦めたら終わりだと思います。そうやって自分で極めたいと思って一生懸命やっているときって苦痛でもなんでもないんです。

カッコイイ大人とは?

周りから認められてすごい人なんだろうけど、偉そうにしないし、さりげない人ですかね。器の大きさを感じるから、さりげなくてすごい人が一番カッコイイですよね。すごい先生なのに、フレンドリーで全然気取らない先生がカッコイイ人だと思います。

今後に向かって

誤嚥性の肺炎が起こしやすくなって肺炎を患ってしまう訳です。その段階の時に僕たち歯科医が口の筋力機能訓練を行う事で、要介護者にいかずに、また健常者のほうに患者さんを戻すことができる。現在予防歯科はありますけど、今後は要介護者へ移行する人を減らすということが、今後僕たち歯科医の役目なのではないかなと思っています。

若者へのメッセージ

冒険をして失敗することを恐れずに、そして事なかれ主義で無難に過ごす人生ではなく、色んなことに挑戦してください。失敗も絶対楽しくなります。人生はやはり、山あり谷ありであって、平坦な人生なんか面白くないんですよ。失敗を恐れずに挑戦をしてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

参議院議員 中西健治

参議院議員
中西健治

作家 里中李生

作家
里中李生

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

お気に入り

めがね

デンマーク製エアチタンです。

エレクトロペンダント

オーストラリアン·ブッシュ·フラワーエッセンスの入ったガラス製ペンダントです。電気、電磁波、有害なエネルギーなどから身を守ってくれます。