覚悟の瞬間(とき)

ミッドランド税理士法人グループ 代表 河合秀俊
かわいひでとし

河合秀俊

愛知県生まれB型
職業:ミッドランド税理士法人グループ 代表
趣味:ダイビング(MSD)、作詞・作曲(ギター)、囲碁(強くはない)、読書
座右の銘:「有言実行」「悔いのない人生」

1962年愛知県豊田市に生まれる。小学校低学年 知能テスト以外は、まったく普通。小学校高学年~中学校 足が速く目立ち始める。勉強は、まあまあになる。毎年学級委員になるが、前期ではなく必ず後期であった。高校 岐阜県にある全寮制高校で3年間を過ごし、集団生活を経験。何故か突然思い立ち、2年生の夏休みの夜、青森に一人旅をする。この頃に買ったサンリオの「詩とメルヘン」という雑誌で詩に興味をもつ。大学で東京に出るが、家業(会計事務所)を継がなければ、という気持ちと、自分は何をやりたいのだろう、という気持ちの狭間で、何の成果もないまま無為に過ごす。大学卒業後も、資格試験を受けるという体で、格闘技や音楽、文学に情熱を燃やす。これでは暮らしていけないだろうと、20代後半で税理士取得に動き出し、目鼻がついたので30歳で帰郷。父親の会計事務所で働き、税理士登録。その前後で妻と出会い、3カ月で結納、年内に結婚。同時期に、人生を左右する仏教の師を得る。50歳になったとき、人生の短さを痛感し、悔いのない人生を目指す。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

親の仕事を継いだ形でしたが、会計の美しい世界と税務調査の駆け引き、経営やコンサルティングのやりがいには魅了されています。 好きなことをして生きていくのは難しいと思い家業に就きましたが、 幸い、やってみると意外に向いていることに気がつきました。先祖が庄屋で年貢を集めるような役割も担っていたようですが、悪代官による不当な重税から命を賭して村を守った記録があり、もしかすると、そういった血が影響しているのかもしれません。

現在の仕事への想い

「お客様のために」という思いで考え抜くことが大切だと思います。 具体的には、相手が肉親や親友だったら自分はどう助言するか?それをお客様に対して行うべきだと考えています。これは、税務・会計の領域だけでは貫徹できないため、経営コンサルティングの領域、とくに収益性改善や経営戦略策定、CI,ブランディング、ビジネスモデルデザインに自分の力を集中したいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

1つは、父の会計事務所を継いだ瞬間です。ナンバー2の居心地の良さと決別し、自分が全責任を負って物事を判断しなければならなくなりました。しかし、それが、自分の思い描く経営を実現するために動き出すきっかけになりました。2つ目は全国でも珍しい、会計事務所同士のアライアンス(同盟)を組むにあたって、河合会計という名をやめ、ミッドランドと名乗った瞬間です。自分の名前に固執していては、新しい仲間と新しい組織を一緒に作ることはできないだろうと思い、決断しました。3つ目は社屋を新築し、飲食業やソングライターを始めた瞬間です。それぞれに自分なりの意図はあるものの、資金を投じるリスクや周囲の反対、失敗したら気まずいだろうなという思いなど、迷いはありましたし、良くも悪くも話題にされるだろうとは思いましたが、後に人生を振り返って後悔するとしたら、失敗したことではなく挑戦しなかったことだろうと思い、実行に移しました。だから、座右の銘の1つは「悔いのない人生」です。

カッコイイ大人とは?

無駄なプライドをもっていない人、発言に責任をもつ人です。若い人でも、その分野に優れた人には、頭を下げて教えを乞える人でなければならないと思います。逆に、地方にはプライドをもつべきです。東京は首都と呼ばれるように、人間でいえば首から上の頭部であり、地方は首から下の体の部分。頭部だけでは何もできないことは明白であり、日本を支えているのは地方に決まっています。東京に進出する予定はありますが、私にとっては、あくまでも愛知県豊田市が起点であり、それは最後まで変わりません。また、言ったことは必ずやります。どんな約束でも、社交辞令で片づけずに、必ず守るのが発言に責任をもつということです。だから、座右の銘のもう1つは「有言実行」です。

今後に向かって

クリエイター気質ゆえ、常に新しいことを考え続けるのだと思います。仕事の拠点はできるだけ広げていきます。何が起こるか分からないので、活動地域が複数あった方が、長期的に事業継続ができなくなるリスクを低減できるからですが、その複数拠点を上手く使うことで、より幅広く上質な仕事ができると思っています。可能なコンサルティング分野が増えてきたので、これを周囲に強く認識していただく活動が必要です。やり残したこと…読んでいない本、聴いていないレコードやCD、見ていない映画、行ったことのない土地、やったことのないレジャーなど、自分なりに埋めていきたい気持ちもあります。また、完全に引退できるかどうか分からないが、引退後も、たぶん、何か思いついては実行してしまうような気がしています。

若者へのメッセージ

本当の夢は、没頭し勉強(専門分野、周辺分野、業界の仕組みなど)する中から生まれます。見つけたなら、後悔しないよう挑戦する、挑戦しなくても時は過ぎていくが、振り返った時に何もないのは、きっと寂しいと思います。それぞれの環境で、どんな形で、どんな方法で行えば実現するのか、それを考えることができるのは、没頭し勉強した人だけだと思います。ただ、その際に邪魔になるのは固定観念であり、これを捨て去る訓練は必要です。 いずれにしても、まずは没頭してほしいです。私は、その頑張りを応援したいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

演出家 宮本亜門

演出家
宮本亜門

ソムリエ 田崎真也

ソムリエ
田崎真也

美容家(美肌顔師) 佐伯チズ

美容家(美肌顔師)
佐伯チズ

お気に入り

3男の書いた習字

なかなか良く書けていて、味もあり、なんとなく励まされるので、家の壁に貼ってあります。まあ、親バカというやつでしょう。

モンブランのスポイト式万年筆

もう20年以上前になるが、私が税理士に登録した時、職員の皆さんに頂きました。チューリップというバンドの“ふたりがつくった風景”の歌詞に「ぼくが愛した万年筆は 黒い大きなスポイト式で…」とあり、署名にはスポイト式の万年筆を使おうと決めていました。