覚悟の瞬間(とき)

株式会社スタジオM 代表取締役 鈴木みさ
すずきみさ

鈴木みさ

東京都生まれ
職業:株式会社スタジオM 代表取締役
趣味:おいしい食事とおいしいお酒をいただくこと
座右の銘:お金を頭の上に置くな

大妻女子高校を卒業後村田簿記学校入学し2年間を経て卒業。会計事務所へ就職後、平成15年8月にIntelligent Financial Management株式会社設立。取締役に就任。独立系のファイナンシャルプランナーとして経営コンサルティングを行う。平成26年7月、上記会社の別会社として株式会社スタジオMを設立。代表取締役に就任。主に経営者へのアドバイスやカウンセリング、セミナー企画などを行う。平成28年11月幻冬舎より「銀行に好かれる会社、嫌われる会社」を出版。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私立の高校に入学してそのまま大学に行ってOLになってと単純に思っていたのですが、高校入学後両親が離婚。母のパートで生計を立てるようになり、「のんきに大学に行っている場合ではない。働くために何か手に職をつけないと」と考えて、当時大好きだった倫理社会のお父さんのような先生に相談したのが今思えばこの仕事にたどり着いたきっかけです。「簿記を習うといいよ」と村田簿記学校を教えてくれました。簿記が何なのかも知らないまま、大好きな先生の言うとおりに入学を決めました。勉強嫌いな私でしたが、簿記を習い始めると、なんだかすごく楽しくて1年で日商簿記1級を取得して、残りの1年は税理士の勉強をしました。卒業後、当然のように会計事務所に就職。途中事務所は移りましたが約20年間会計事務所で働きました。このころすでに顧問先に対して経営コンサル的な仕事をしていたように思います。税理士の資格は早々に断念しましたが、FPの資格を取得しました。40歳の時退職して当時の事務所の先輩と独立系のFP会社であるIntelligent Financial Management株式会社を設立して本格的に経営コンサルティングをスタートしました。

現在の仕事への想い

経営コンサルティングはサービス業です。お客様の夢や希望や目標を叶えるために、どうしたらよいかを考え導いていくのが仕事です。知識だけを身に着けてお客様に上から目線で能書きをいうような机上のコンサルタントではいけないと思います。現実に起こりうるさまざまな事態を想定して現場現状を観察して答えを見つけます。日本経済の現状の中、ことに中小零細企業の経営者の多くが苦労しています。政治は選挙期間以外、小さな会社に興味を持ってくれません。中小零細企業の経営者は自分の力で困難に立ち向かっていかなくてはなりません。社長業というのは本当に孤独な仕事です。同業者にも、従業員にも、友人や家族にも言えない悩みや愚痴がいっぱいあるのです。そんな経営者と一緒に悩んで、一緒に笑って、何でも話せるパートナーとなることが私の仕事だと考えます。

あなたにとって覚悟とは

「覚悟」ってとても重みのある言葉ですね。覚悟したことがあるかと聞かれるとまだまだ甘いなと反省します。度胸はあると思うのですが、覚悟しているかどうかは別な気がします。でももしかしたら昨年11月に本を出版したことが「覚悟」に近いような気もします。自分の考えを自分の名前で世の中に出すことを決めたときが「覚悟」だったのかもしれません。独立して15年。たくさんの経営者とお会いして、その悩みに寄り添って、経験を積ませていただきました。この経験から学んだことを、中小零細企業の経営者の方々にエールを送るつもりで本にしました。また多くの税理士の先生と接してきた中で感じたことも書きました。小さな会社を守るために税理士先生の力は必要不可欠なのです。その知恵を顧問先のために大いに使っていただきたい。そのためにも是非読んで欲しいです。そういえば、今回このチャンスをいただいて映像の中に入ろうと決めたことが、お世辞にもスマートとは言えない私にとって、人生最大の「覚悟」です。本当に「覚悟」です。

カッコイイ大人とは?

何かを貫いて生きてきた人がカッコイイなと思います。その人の生き様がきっとカッコ良さの根本なのでしょう。いくつもの「覚悟」を経験してきたことだろうと思います。たとえば、加山雄三さんや矢沢永吉さんなんて本当にカッコイイです。年をとっても堂々としていて、プロとしての意識が高く、圧巻のステージを観客に届けています。年齢を理由にするような妥協がみじんも無い。カッコイイです。カッコイイ大人と呼ばれる人は、人として生涯現役な方だと思います。たぶん終わりを考えていない。いつまでという時期を決めていない。いくつになっても次のことを考えて、挑戦し続けていく。そのパワーと好奇心が瞳を輝かせて、強いオーラを出し続けるのだと思います。また、人生で多くの経験を積んで、辛いこともその都度乗り越えて、人の優しさや、弱さや、汚さや、そんなことがすべて肥やしとなってカッコイイ大人になれるのだと思います。私は、まだまだ経験不足です。

今後に向かって

Intelligent Financial Management株式会社(通称IFM)とは別に平成26年7月株式会社スタジオMを設立しました。IFMは経営コンサルティングをメインに税理士や弁護士その他その道のプロの方々とネットワークを組んでお客様の会社経営をサポートすることを仕事としています。今後もお客様に必要とされる限り精一杯続けていくつもりです。そして、(株)スタジオMでは、小規模な会社の経営者に特化した事務のサポートサービスに力を入れていきたいと思っています。経理事務の代行や電話代行などの実務に加え、社長の心のケアに力を入れていきたいと思っています。平成26年に厚生労働省が従業員50人以上の企業に対して従業員のストレスチェック制度を義務付けました従業員のメンタルヘルス対策のためです。もちろんこれは大切なことですが、私は、中小零細企業の経営者にもメンタルヘルス対策は必要だと考えています。中小零細企業の経営者は男性が多いです。女性経営者は比較的メンタルストレスの解消の仕方を心得ています。泣いたり笑ったり、友達と食事をしながらおしゃべりしたり。ですが男性の経営者は、すべて一人で抱えて、頑張って、ストレスをため込んでしまう方が多くいます。そんな経営者が安心して相談できたり、愚痴を言ったりできるストレス解消の場所を作るのが私の目標です。

若者へのメッセージ

若者よ!世の中にある高級といわれるものを試して経験して、そして自分の五感で感じてみてください。なぜあのブランドのバックは高いのか、なぜあのお寿司屋さんは高いのか、なぜあの喫茶店のコーヒーは高いのか、なぜあの旅館の宿泊料は高いのか、なぜあのレストランにはドレスコードがあるのか。そこには必ず理由があります。これは話で聞いただけでは絶対にわからないのです。見て、触って、味わって、使って、自分の五感で試してください。「なるほど!」なのか「別に!」なのか、ちょっとお小遣いをためて自分で試して欲しいのです。そして「なるほど!」と思ったものは友達に薦めてください。若いあなた方が、本当に良いもの感じて、理解して、好きになってくれないと、良いものがどんどん無くなってしまうのです。そして、本当に良いものを知っている人になって、あこがれのカッコイイ先輩になってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ウォーキングドクター デューク更家

ウォーキングドクター
デューク更家

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO  中村俊裕

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO
中村俊裕

タレント 小島慶子

タレント
小島慶子

お気に入り

かばん

お客様がデザインしてイタリアで作らせたもの。お店は閉めてしまったのでもう手に入りません。電車の中などで、突然「素敵なバックですね」と言われたりします。

私が初めて出版した本です。35年分の思いが詰まっています。