覚悟の瞬間(とき)

いいずみファミリークリニック 院長 飯泉哲哉
いいずみてつや

飯泉哲哉

静岡県生まれA型
職業:いいずみファミリークリニック 院長
趣味:ランニング、犬と散歩
座右の銘:元気が一番、元気があればなんでもできる

聖マリアンナ医科大学卒業。聖路加国際病院、成育医療センターで小児科を学ぶ。平成17年静岡県富士市でいいずみファミリークリニック開院。大好きな地元の親子を元気にするべく、日々明るく診療中。病院らしくない、怖くない小児科クリニックを目指し、スタッフとともにハロウィンやクリスマスなどの院内イベントを開催している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

医師になりたいと思い、医学部に入ったものの、専門科に関しては決められずにいました。医学部5年生のときに、各科を実習体験する期間が1年あります。小児科研修の2週間がとても、楽しく自分らしくいれました。子どもたちと一緒にいると、自分が楽しくいれて、しかも患者さんである子どもたちも楽しくしてくれている姿をみて、これが仕事だったらどんなにハッピーだろう。そう感じ、小児科医を目指しました。また、実際小児科医として、病院で働いてみると、子どもたちを元気にするためにはお父さんお母さんを元気にしなくてはいけないと感じるようになりました。親子はお互いに元気を共有していると思います。ファミリーを元気にする小児科医になりたいと思って、ファミリークリニックと名付け、現在も日々診療しています。

現在の仕事への想い

仕事という感覚をあまり持っていません。使命とまで言うと、かっこつけているように思われるかもしれませんが、それに近い感覚で、日々診療しています。小児科医として多くの子どもたちの病気をみてきた経験があります。我が子の病気を心配してこられるお母さん、お父さんに、「こうしたらいいんじゃないかな」というアドバイスをする役目だと思っています。人間の体の中で起こっている病気に対して、実際に小児科医ができることは そう多くはありません。ただ、これまでの経験や診察所見、検査結果からある程度の予測をしたりすることができます。それによってご家族や子どもたちの不安を少しでも減らせられるようにしています。そのため、クリニックの雰囲気を明るく装飾したり、白衣を着なかったり、マスクをつけなかったりして、お医者さんではない雰囲気を作っています。

あなたにとって覚悟とは

私が、診療で一番よく使う言葉は「大丈夫ですよ、心配ないですよ」という言葉です。我が子が高熱の時に、お母さんはやはり心配になって来院しますので、お母さんをまず安心させてあげることが大事だからです。安心したお母さんは、子どもに「風邪だから、大丈夫だって」と微笑みかけます。その親子の会話こそが、緊張や不安から解放され、病気を治す治癒力を高めると信じています。当院にくる患者さんのほとんどは、そうやって安心して我が家に帰っていきます。でも、ごく一部の患者さんは具合が悪く総合病院に紹介する重症な病気のこともあります。私の覚悟の瞬間とは、このような重症な患者さんを紹介しないで、当院で経過をみていく時です。子どもたちにとっては、点滴注射は大嫌いですし、病院にお泊まりはしたくありません。我が家が一番です。だからなるべく自宅で病気の治療をできるようにしてあげます。でもそれは、一方で病気が悪化するリスクも含まれています。そのとき、私はその子にとってベストな医療をします。そして覚悟もします。常に、子どもたちにとって、どういう治療がいいのかを考えています。

カッコイイ大人とは?

ランニングを趣味にしているので、大会にでて、走っている方みんなが、カッコイイと思っています。走ることは、特にランニングに関しては、日々の努力の積み重ねが最も大切で、才能などは関係ありません。ランニング大会に出て、50歳、60歳になっても走る楽しみをもっている方を目標にしています。

今後に向かって

いま、地域の親子が元気になるクリニックを目指してスタッフと共にがんばっています。診察室で「おはよう」の挨拶から始まり、子どもたちの洋服や靴を褒めたりします。風邪で受診した子どもたちもニッコリ笑顔になります。「泣かなくなったね」「背が伸びたね」などとお母さんと成長を喜んだりします。そんな明るい小児科クリニック、病院らしくない我が家みたいなクリニックを目指しています。それは私だけではできません。私の周りにいるスタッフの看護婦さんや、保育士さんなどが、上手に子どもたちの面倒をみてくれたり、お母さんに声かけをしてできていきます。ハロウィンやクリスマスの時にみんなで衣装を合わせて楽しみます。そんな素敵な小児科チームを今後も作っていきたいと思っています。

若者へのメッセージ

良質な睡眠と運動こそが、健康の秘訣です。自分のすばらしい明日のために、夜早寝をすることはカッコイイと思ってください。今日が楽しいから、今日やるべきことがあるからと言って、夜遅くまで起きていて、翌日よいパフォーマンスができないことは、大きな人生の中ではマイナスと考えます。その日にできることを終え、日が沈んだら早く寝るという習慣は人生を変えると思いますよ。しかも無料です。健康のためにお金をかける必要はありません。人間はもともと、夜光生物ではありません。夜勉強することも個人的にはお勧めしません。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

女性学研究者 田嶋陽子

女性学研究者
田嶋陽子

元全日本女子バレーボール代表・キャプテン 竹下佳江

元全日本女子バレーボール代表・キャプテン
竹下佳江

 パラリンピアン 中西麻耶

パラリンピアン
中西麻耶

お気に入り

ニューバランスのシューズ

ランニング時に必ずはいています。走りやすく大好きです。怪我をせず、走り続けるためにもシューズはとても重要です。

フレッドペリーのポロシャツ

4月~10月くらいまではクリニックで着ています。半袖で、元気な小児科医です。白衣を着ない、マスクをつけない近所のお医者さんです。