覚悟の瞬間(とき)

透析専門医 佐々木公一
ささきこういち

佐々木公一

大阪府生まれB型
職業:透析専門医
趣味:読書
座右の銘:人間万時塞翁が馬

福岡大学医学部卒業。大阪大学医学部腎臓内科入局。りんくう総合医療センター、地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院にて腎臓、透析診療の研鑽を積む。父の死後、佐々木クリニック(大阪市鶴見区)を引き継ぎ、腎臓、透析専門の診療に従事する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

将来何をしたいかと大学受験前に考えた時、人の役に立つ仕事につきたいと思いました。いくつか候補が挙がったのですが、その中で祖父、父といった家族が従事していた医師は身近にある職業でした。また改めて家族から医師についての話を聞くにつれ、私もなりたいと自然に思うようになりました。

現在の仕事への想い

慢性腎不全患者さんは我が国に1300万人以上、年々増加傾向にあります。さらにその中で腎機能の低下が進行して透析が必要となる患者さんは30万人以上にもなりますが、腎臓について知識の少ない患者さんや医師がたくさんいます。その結果、十分な治療介入がされず透析導入が必要となる患者さんや、逆に透析が不必要なのに透析を導入される患者さんがたくさんいます。透析を導入された後も、患者さん中心でなく、医師中心で透析を行われることが多く、ライフスタイルや残腎機能に応じた、個々の患者さんに応じた透析が行われる事が非常に少ないことに開業して気づきました。そのため、少しでも透析開始を遅らせ、さらに透析を開始した後も、不必要な過剰な透析は行わず、ライフスタイルに応じた透析医療を提供できるように心がけています。

あなたにとって覚悟とは

研修医が終わった医師3年目の時、医師として尊敬する上司に、「私が診ても、お前が診ても、患者さんは腎臓内科の医師に診てもらったことに変わりはない。かかる費用も同じだ。お前は腎臓病にかかった時、どちらの医師に診ててもらいたい?」と聞かれました。このままでは私に担当された患者さんが損する事になります。そのため上司と同じレベルの医療ができるように努力する必要があること、また毎日上司以上に勉強しない限り、上司と同じレベルの医療ができるようにならないことを自覚し、日々少しでも成長できるようこれまで以上に努力するようになりました。

カッコイイ大人とは?

この人のようになりたいと思わせてくれ、困っている時にさり気なく守ってくれて、時に優しく叱ってくれる人

今後に向かって

自分や自分の家族が患者になった時に、「こんなクリニックだったら通いたい」「こんな先生だったら相談したい」と思えるような存在でありたいと思います。また透析という治療に限定すると、既にクリニックでオーバーナイト透析等は行っていますが、患者さんひとり一人のライフスタイルに合わせた透析治療の選択肢をもっと増やしていきたいです。病状に応じてなので、100%希望通りとはいきませんが、できる限り患者さんの負担が少なくなるような透析を提供したいです。

若者へのメッセージ

これまで自分が置かれている状況が望んでいるものではないと思うことが多々ありました。ただ、そこでおかれた状況に悲観するのではなく、努力し、努力しても好転しないときはさらに色々な角度からアプローチすることで状況は好転するという事を何度も経験しました。人間万事塞翁が馬という言葉のように、禍福は予測がつかないので、自分の信念をつらぬいて絶えず努力する事が大切だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

政策工房 代表 原英史

政策工房 代表
原英史

新内節三味線・人間国宝 新内仲三郎

新内節三味線・人間国宝
新内仲三郎

プロハンドボール選手 宮﨑大輔

プロハンドボール選手
宮﨑大輔

お気に入り

ボールペン

医学部を卒業する際に、サークルの仲の良い後輩有志から頂きました。初心を忘れないように携帯しています。

聴診器

亡くなった父からもらった聴診器です。毎日使用しています。