覚悟の瞬間(とき)

株式会社笑美面 代表取締役 榎並将志
えなみまさし

榎並将志

大阪府生まれA型
職業:株式会社笑美面 代表取締役
趣味:読書
座右の銘:受けた恩を返す

数社の創業経験の後、父の体調不良を切っ掛けに家業の不動産業を継ぐ。不動産新規事業を開発していくのと並行して、介護業界と出会う。介護業界で、高齢者の老人ホーム探しの問題解決の為、株式会社笑美面を創業。様々な取り組みや独自性により世の関心を集め、メディアへの出演や、行政・企業方面への講演を多数行う。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

兼任で経営する不動産会社の新規事業として、介護事業への進出を検討し現場への研修に行きました。その際介護が必要な高齢者の方と触れ合い、介護という仕事の偉大さ、尊さ、面白さ、可能性を感じ、介護業界を自己の一生関わっていくべき仕事と決めました。

現在の仕事への想い

1番は、自己の仕事の意義です。何故この仕事をやっているのか、誰の役に立っているのか、どんな人を救う事が出来るのか。これを理解せずにやる仕事って意味があるのでしょうか。意義が分かっているから、仲間を募えるし、サービスのブラッシュアップができると思っております。私達が仲間を集める時は、これを共感できるかとことん話し合います。

そう思うようになった、きっかけ

介護との出会いと、仲間との出会いです。私達のサービスで高齢者の方や家族の方が泣いて喜んでくれる時、仕事ってこういう行いの事を仕事っていうんだなと納得できました。そしてただ単純に仲間と、こんなサービスをしてこんな人にこんな風に喜んでもらったという話しや、こういう風にすればもっと喜んでもらえるという事を話している時が1番【楽しい】んです。これがやりがいって事なんだと気付きました。

あなたにとって覚悟とは

私にとっては【ドキドキ】でした。人によっては追い込まれた時等に覚悟をする時もあるでしょうが、私はドキドキしたんです。介護に初めて触れ合った時ドキドキした。これが使命なのかなとも感じました。それ以降ずっとドキドキしています。

今後に向かって

現在、監査法人の監査を受けつつ、5ヶ年の中期事業計画を作成致しました。老人ホーム紹介、介護業界への人材紹介を中心に事業を発展させ、4年後に株式上場を経て、全国に老人ホーム窓口の設置を行い、高齢者の孤立死を防ぎ、事業を通じ就労に障害が無い社会にし、超低価格で質の高い老人ホームを供給し、高齢者が自分らしく老後を楽しめる世の中を実現致します。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

ヴァイオリニスト 木嶋真優

ヴァイオリニスト
木嶋真優

中部大学 教授 武田邦彦

中部大学 教授
武田邦彦

お気に入り

腕時計

父の会社を継ぐ時に頂きました。元々物欲が無いので、腕時計はこれ1本です。社会人として大きく羽ばたいてくれと言う想いと一緒に頂いたと思っております。

コミック

幼少の時からコミックをずっと読んでました。コミックといえど気付きや人生の指針になった物が沢山あります。代表的なのがこの2作品です。