覚悟の瞬間(とき)

医療法人大原駅前歯科 理事長 湯浅賢一
ゆあさけんいち

湯浅賢一

広島県生まれB型
職業:医療法人大原駅前歯科 理事長
趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞
座右の銘:「初心忘れるべからず」

広島で人気の歯科医院。地元新聞の医療質問コーナーでもおなじみの歯科医師。最新設備を整え、予防歯科を徹底し患者様と一生のお付き合いのできる歯科医院をめざし奮闘中。広島県広島市安佐南区生まれ。地元、安古市高校を卒業後、広島大学歯学部へ入学。虫歯予防・治療、歯周病検査・診断・治療を中心に診療・研修を重ね、その後、某大手口腔外科・インプラントセンターに勤務。審美歯科、また歯周病の最先端治療である、歯牙支持組織を再生する歯周再生治療・歯周外科治療法、インプラント治療法を習得。その後地元にて平成17年大原駅前歯科を開院、平成19年に法人化。インプラント研修会にもインストラクターとして参加・指導したり日本口腔インプラント国際学会・総会にてインプラントの補綴術式について論文口演発表した経歴も持つ。日本口腔インプラント学会・日本歯周病学会所属。 

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

私は子供のころから虫歯が多く、よく歯医者に連れて行かれていました。いわゆる虫歯っ子だったんです。とても歯医者が嫌で怖く、なんて恐ろしいところだ!と、にげて母親を困らせていた記憶があります。でもあるとき、子供ながらですが私の怖がっているのを見抜いて真摯に話しかけてくれた先生がいたんです。私が慣れるまでゆっくりやさしく説明してくれたりなんかして。それ以来少しずつ頑張れるようになりました。頑張れてよかった、いい先生だな。子供心に思いました。それからも歯科には通っていましたがだんだん歯の治療って何をしているんだろう、先生ってかっこいいな。自分が歯医者になったら虫歯にならないかな?(笑)なんてことを考えながら歯科への興味が湧いてきたんです。

現在の仕事への想い

少しでも患者さんが安心して気楽に通院できる歯科医院でありたいと思っています。大事にしているのは患者さんの気持ちです。診療室に入ってきたとき、また診療台の上にいるとき今、何を考えてらっしゃるかな?怖いかな?心配かな?ドキドキしてるかな?常にそこに考え、患者さんの表情、指の動き、力の入り具合などに気を配っています。もちろん歯科医療の技術というハード面ももちろん大切ですし、がんばっていますがそれ以外のソフトの面にも重点を置いています。自分が怖がりだった分、そういう患者さんが不安に思っていることにできるだけ対応し、やさしく安心して通院していただける歯科医院でありたいんです。

そう思うようになった、きっかけ

やはり虫歯っ子で歯医者嫌いだった幼いころの記憶のおかげです。こんな歯医者嫌いの自分でも通院できる歯科医院でありたいということは常に思っています。だから初心忘れるべからず。自分もたまに治療台に上り口腔ケアを受けたりします。やはり歯科治療台にあがると院長になっても緊張するものですね。口を長く開けると乾いて疲れたり、つばがたまったり、歯石取りの超音波の音や振動が嫌だったり・・・。自分には日常的なことでも患者さんにとってはものすごいストレスなことですからね。それを忘れないよう、初心を忘れないよう。どうしたらいやな歯科にすこしでも楽に通院してもらえるか・・・。永遠のテーマですね。

あなたにとって覚悟とは

自分の歯科医院を開業するときです。もちろんより良い設備、診療環境を整えるためにはそれなりの設備投資が必要ですからね。親や家族を巻き込んでいるのでストレスがありました。でもそれ以上に今、自分が信じている診療スタイル、診療のビジョンを提供する場を作りたいという思いが非常に強かったです。自分の思いに共感してくれるスタッフ集め、システムづくり、自分の思いを患者さんに伝える方法、もちろん治療技術、どれが欠けても患者さんに満足していただくことはできませんし、自分一人でできることは限られていますからね。チームワークは一番大事です。でもよい表現かわかりませんが今もがむしゃらに働いています。自分の歯科医院をいかに高めていくか。どうすれば困っている患者さんを満足いくように治していけれるか、また再発しないよう、より良い状態を保つためにはどうアプローチしてメインテナンスをしていくかって。たまに夢でも診療しています。

今後に向かって

地域の方みなさんに安心して通院できる歯科医院でありたいです。お口のトラブルがあったらあの歯科医院に行こう!って思っていただけるように。そして地域の方みなさんがお口の健康を守るにはかかりつけ歯科医を持ち定期的なメインテナンスを受けることが大事なんだ!と理解していただけるよう頑張りたいです。そしてその場を提供できる大原駅前歯科歯科でありたいです。皆さんの喜びと笑顔を糧にさらなる研鑽を続けていきたいと思っています。そしていつまでも患者さんの気持ちがわかるよう、歯医者がきらいで怖がっている歯科医師でありたいと思います。初心忘れるべからずですね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

編集者 見城徹

編集者
見城徹

元プロテニスプレーヤー 杉山愛

元プロテニスプレーヤー
杉山愛

元プロ野球選手 広澤克実

元プロ野球選手
広澤克実

お気に入り

口腔内カメラ

歯科診療中に使います。普段患者さんが見えないお口の中の状態を撮影しモニターに映すことができます。実際に見てもらうことができるので説明を聞くより、治療の内容をよく理解していただけるし、自分のお口の中の状態を自分で把握することはとても大切なことだと思います。お見せするとみなさんとても真剣に見られますね。私の診療ではなくては困る大切なものです。

子供が初めて書いてくれた自分の絵

年を取ってからの子なので溺愛してしまっていますが(笑)、もらった時は涙がこぼれそうなぐらい嬉しかったです。忙しい時や疲れた時の栄養剤になってくれています。