覚悟の瞬間(とき)

株式会社オオサワ創研 代表取締役 大澤仁志
おおさわひとし

大澤仁志

広島県生まれAB型
職業:株式会社オオサワ創研 代表取締役
趣味:ゴルフ、スノーボード、囲碁、読書
座右の銘:失敗したんじゃ無い。一つ学んだんだ。

高校卒業後、左官職人になるため弟子入り。6年の修行後2000年、親方(自営業)としてオオサワ創研創業。2008年、リフォーム業として株式会社オオサワ創研設立。2012年不動産業、2013年新築事業を開始。2016年、業界の職人不足解消のため、全国の同業者に向けてリフォーム職人を育てる、一般社団法人リフォーマー専門学校を設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

もともとは高校時代にアルバイトをしていた左官職人の仕事で興味を持っていました。その親方に憧れて職人の世界へ入りました。24歳の時に独立し、7年間、弟子一人と共に左官の親方をしていました。当時の仕事はBtoBの下請けをやっていまして、元請けさんの指示通りに仕上げる事が大事だったのですが、住宅に関してもっとこうしたらどうだろう?もっとお客様目線で仕事できるにはどうしたら良いだろう?という所から、それならば自分が元請けになり、お客様と直接仕事が出来るようになりたいと思い、リフォーム業のスタートに至りました。それから不動産業開始は、特に中古住宅とリフォームは密接な関わりがあるのですが、ただ中古物件を売って終わりではなく、リフォーム業をしている会社だからこそ、中古物件をどう住み心地を良くできるか?という視点で中古物件を提供できると思ったのがきっかけです。そして不動産業をしていると、土地の情報も入ってきます。土地を探していても、新築を建てる会社が決まっていないお客様も多くいらっしゃいました。私達はリフォームだけでなくリノベーションが得意なので技術は新築もすぐに出来ます。それが新築を始めたきっかけです。昨今、全国的にどこも人材不足です。とりわけ技術者、私達の業界であれば職人不足は深刻です。それで試行錯誤しながら指導方法を確立できた事もあり、リフォームに特化した多能工職人を育てる学校を全国の同業者向けに始めました。

現在の仕事への想い

私達は職業柄、元請けという立場です。職人さんや協力業者さんとの連携があってこそ成り立っていると思っています。私が職人をしていた頃、元請けの社員さんが立場を勘違いして、下請けさんや職人さんを邪険に扱う人にも出会いました。そういう時はその人に頭を下げているのでは無く、お金の為に、頭を下げていました。そういう状況は世間ではけっこう見受けられるのですが、私の会社では絶対にあってはならないとスタッフに伝えています。お互い様、有り難い、という考えで動けば、お客様に良いモノを提供でき、三方良しの仕事が出来ると思います。携わる人、みんな笑顔で幸せになってもらいたい。そこから経営理念も出来ています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟は何度かありますが、基本は新しい事を始めるときが多いです。独立するときは単純に生活ができるのかどうか不安だらけでした。実際、2・3年は楽な生活ではなかったです。リフォーム業に転身するときは今までやってきた仕事をやめるという事で、会社がうまく回るのかどうか不安でした。でもやりたいと思った時にやらないと必ず後悔するので勢いで始めました。また、職人育成学校を始めるときは職人を育ててくれる学校みたいな所はないかな?と探したところ、全国にどこにもありませんでした。でも職人不足は全国的に待ったなしに致命的になります。それならば、自社の職人不足解消はもちろん、全国の同業者向けに職人を育てる学校を始めれば、職人不足解消の一助になると思いました。それと今の私の仕事のきっかけにもなった職人の世界に対する恩返しにもなるかもしれないと思い始めました。これは利益より楽しい感覚の方が勝っているというか、「やらなければ」という使命感を感じています。

カッコイイ大人とは?

「涼やかだけど情熱を秘めている」涼やかな雰囲気というのは周りに気を使わせない。落ち着いた雰囲気を持っていながら心の中はいつも燃えているという感じです。「何でも本気でやり、チャレンジを続ける人」仕事も遊びも全力投球している人はカッコイイし、後輩や部下でも、そういう人を見ると応援したくなります。何かをやると必ず壁に当たります。諦めず挑戦し続ける人はカッコイイですね。「関わる人、廻りを明るく元気に出来る人」その人まわりにいる人も明るくさせてしまうような人。利他の心がある人はそれができます。自然と人が集まるような人ですね。「笑顔・あいさつ・感謝・感動・素直」弊社の共通認識として掲げています。いつも笑顔。元気の良いあいさつ。何にでも感謝。小さな日常に感動。あらゆる事、人に素直である。これらが出来るようになってくると、立派な人間になれると思っています。

今後に向かって

理念にも繋がっていますが、携わる人を笑顔で幸せにする。子供達が憧れる業界にしたいと思っています。その為に私達自身、大人が楽しく笑顔で働く姿を見せていかないといけません。本業のオオサワ創研は地域密着で徐々に大きく展開しますが、地元の人達と共に成長していき、業界に影響力がでるようになれば嬉しいです。リフォーマー専門学校では、全国の職人不足解消には弊社だけの力では業界は何も変わりませんので、私達が先陣を切って全国にいる共感してもらえる同志を増やします。職人さんって格好いい、建築業界って良いね。と思って貰えるように活動します。

若者へのメッセージ

ものごとは、いつも自分が考えている事、話している内容、言葉の通りに近づいて行きます。いつも楽しく明るく思考する人と、いつもマイナスな思考をする人では大きな開きがでます。どちらが理想か明白です。目の前、現在の損得勘定は人生の中で見ると、とてもちっぽけな事なので、将来の自分が今の自分を見たときに、褒めたくなる、喜ぶような生き方をして欲しいです。夢や目標があれば、諦めず、後はやりきるだけ。道半ばで諦めて、すぐそこの角を曲がると成功があったのに。という事にならないようにがんばってください。後は、「笑顔・あいさつ・感謝・感動・素直」ができる人は充実した人生が送れますよ。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ピアニスト 清塚信也

ピアニスト
清塚信也

教育改革実践家 藤原 和博

教育改革実践家
藤原 和博

作家 よしもとばなな

作家
よしもとばなな

お気に入り

伊勢神宮の干支守り

毎年、年初に安全祈願で伊勢神宮へお参りするのですが、その時にもらう干支守りを鞄にいれて、いつも持ち歩いています。

カード型五徳ナイフ

五徳ナイフは男ごころをくすぐりますね。カードと同じ大きさなので財布にいつも入れています。ハサミ、ペーパーカッター、ペン、定規、針、ルーぺ、ライトがついていて、ちょっとした時に役に立っています。