覚悟の瞬間(とき)

医療法人尚志会 林歯科医院 理事長 林尚史
はやしひさし

林尚史

三重県生まれA型
職業:医療法人尚志会 林歯科医院 理事長
趣味:旅行、食べ歩き、スポーツ
座右の銘:自分が受けたい治療、自分の親や子供に受けさせたい治療

1988年九州歯科大学歯学部卒業。2軒の歯科医院で勤務後、1992年独立開業。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医、指導医、ペリオインプラント指導医、日本口腔インプラント学会専門医、アメリカインプラント学会専門医、歯学博士、愛知学院大学歯学部非常勤助教、伊勢保険衛生専門学校非常勤講師、現在歯周病治療、インプラント治療で活躍中、論文多数。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期より人の役に立つ仕事に就きたいと思っていました。叔父に医師が居て、子供心にかっこいいなという憧れがあり叔父のようになりたい、ひいては医療職に就きたいという想いがありました。また手先が器用だったり、細かいことをするのが好きだったこと、大学進学に当り両親の勧めもあり歯学部歯科医師を目指すようになりました。また高校時代に歯の治療をしていただいた歯科医の先生がスマートでかっこよくて歯医者さんもいいなと思うようになりました。偶然なのですが実はその先生と同じ大学に進学して卒業後もその先生のところに勤務させていただきました。歯科医師になった後は歯周病の長期症例をみて自分も患者とそのように関わりたいと思うようになり歯周病治療を専門にしてなるべく自分の歯を残していくことに生きがいを感じるようになりました。それでもどうしても保存出来ない歯や欠損が出来た時はインプラント治療が有効と考えインプラント治療も専門にするようになりました。

現在の仕事への想い

「自分が受けたい治療、自分の親や子供に受けさせたい治療」を常に念頭においていい治療をすべての患者に提供していくことです。いつも患者様の立場に立って最善の方法を考えるようにしています。地方でも最高水準の治療が提供できるように常に自分の技術向上を計り、患者様が求めるのに出来ない治療がないようにします。歯科の治療はやり直しが多いので自分が治療した歯はなるべく長く機能できるように精度のいい治療、こだわりの治療を行っていきます。同業者の目(プロの目)から見ても問題のない症例を作ってそれを発表することによってフィードバックしていくことを徹底します。治療終了時が一番いい状態なのでそれを長く維持して再発をしない様に管理していくことが重要です。そのためにはメインテナンスが大切なので、定期来院できる雰囲気づくりをする必要があると考えています。来院さえしていただいていれば悪くならずにすませられます。さらに、悪くなる前から予防的に取り組み虫歯がなくいい歯並びの永久歯列を作っていきます。北欧式予防歯科です。

あなたにとって覚悟とは

勤務医3年目でいろんな治療がスムーズにできるようになり、院長にも認めて頂いて、ちょっと自信がついてきたころの話です。ある患者さんの症例がその後の私の歯科医師人生を決定づけました。知り合いの紹介の患者さんで虫歯が深くて一見して保存不可能と思ったのですが、何とかその歯を残せないかと歯茎を切ったりいろいろと努力したけれど結局残せず抜歯してしまいました。いろいろと手を加えたのですんなりと抜くより抜いた後で腫れや痛みが出てしまいました。そして悪いことに丁度その後すぐ、勤務先の歯科医院が慰安旅行で数日間休診となり、その患者様は他院に転院されました。そこの医院で抜歯後の処置として親知らずの移植を受けてさらにその移植した歯をMTM(小矯正)で理想的な位置に動かしてその後に冠をかぶせるという処置が施され、しかもそれが当時歯科の雑誌に掲載されました。それを読んだ時にハンマーで頭を殴打されたような、ものすごいショックを受けました。結果として自分が迷惑をかけた患者様が他の歯科医師によりリカバリーされて、しかもその結果が自分が考えていた治療計画より良い結果であったことに打ちひしがれました。まさに晴天の霹靂という感じです。だからこそ技術力をあげて2度とそのようなことがないように努力しようと誓い現在にいたっています。

カッコイイ大人とは?

困難なことを当たり前のようにやりきる人に憧れます。一言でいえば「言い訳をしない人」です。何かを成し遂げようとするとき必ず様々な障害があるものですが、それを言ってもどうしようもない。大切なのはそれをどうするか、どう乗り越えるかということ。グダグダと言い訳ばかりするのではなく、裏で苦労をしていても涼しい顔をしてサラッと成し遂げてしまう人がカッコいいなと思います。また信念をもって一つのことに没頭出来てこだわりをもって妥協をせずに成し遂げられる人、そしてそれを継続できる人、人の気持ちになって他人の為に汗をかける人がかっこいいと思います。

今後に向かって

歯科医師として25年以上やってきて思うのは質の高い精度の高い治療はもちろんですが、その後ずっと患者様とかかわっていけるかどうかが重要だということです。治療が終わった時点が最高で、その後悪くならないためには定期的にメインテナンスにお越しいただかなければなりません。医院一丸となって治療後の患者様をバックアップしてゆくことにより、私共の患者様が治療後一本も歯を失わずにいられるよう、さらに医院の体制を整えてゆきたいと思っています。そしてさらにその思いを広げ、自分一人では診れる患者様の数も限られるので、より多くの患者様の歯を守りQOLをあげていけるように、同じような志と高い技術をもった歯科医師、歯科衛生士を育てていくことが今後の課題であり目標だと感じています。

若者へのメッセージ

進学、就職など大人としての人生のスタートの段階で、その人その人が持っている条件はそれぞれ異なります。親や周囲の援助により良い条件でスタートできる人もいるでしょうし、例えば経済的な条件で思い描く自分の進む道を選ぶことのできなかった人もいるでしょう。僕自身も本当は大学に残り研究者としてやっていきたいと思っていましたが、その夢は断念せざるを得ませんでした。でもとにかくがむしゃらに、目の前の仕事(私の場合は患者さんですが)に最善を尽くす。より良い仕事ができるよう時間と労力、場合によってはお金も費やし貪欲に勉強を続けてゆくと、自然とそのこと自体が面白くてたまらないものになり、苦労ではなく喜びに代わってゆくものです。人が寝ている間遊んでいる間に勉強することも楽しみながら継続してゆけば必ず結果はついてくるのだと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール元日本代表・タレント 川合俊一

バレーボール元日本代表・タレント
川合俊一

バレーボール全日本男子監督 植田辰哉

バレーボール全日本男子監督
植田辰哉

自由民主党 石破茂

自由民主党
石破茂

お気に入り

拡大鏡

LEDで明るく、コードレスで拡大視野で治療できるので治療の必須アイテムになっています。

モバイルパソコン

症例を入れたり、執筆したり軽くて持ち運びが簡単で堅牢、バッテリーの充電時間も長くいつも持ち歩いて重宝しています。