覚悟の瞬間(とき)

JCワールド株式会社 代表取締役CEO 岡崎寿史
おかざきとしふみ

岡崎寿史

滋賀県生まれ
職業:JCワールド株式会社 代表取締役CEO
趣味:車、旅行
座右の銘:人のつながりこそが仕事のつながり

1991年 甲南高校 薬業科 卒業、1991年~1993年 株式会社三笑堂で勤務、1994年~1994年 ブリガムヤング大学、帰国後起業。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

アメリカに留学しているときに、たまたま知り合ったアメリカ人が、日本でビンテージジーンズが流行っていると教えてくれました。日本からビンテージジーンズの特集をしているファッション雑誌を取り寄せて、どのような特徴のあるジーンズが売れるのかを勉強しました。すぐに近所の古着屋さんを回ると、雑誌に載っていたビンテージジーンズが「タダ同然」で売っています。それを買い占めて日本に持って帰ると、売れるは売れるはの連続。これは面白いと思い、留学を中止してビジネスに没頭していきました。それが自分で商売を始めたきっかけです。

現在の仕事への想い

今は全国にお客様もいてくださり、また、社員も増えてきており、今まで以上に人のつながりを意識したビジネス展開に注力しています。売上や利益ばかりを追い求めるのではなく、何が大切なのか、何のためにビジネスをしているのか、といった意義を大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟という言葉を置き換えると責任ですかね。私がいなかったら家族もないですし、家族のためというわけではありませんが、自分の中でも男として腹をくくらないといけない時、やはり結婚が覚悟でした。何が仕事なのか、ビジネスとはなんなのか。結婚を期に、自分の中でも責任を持たないといけないと思った瞬間が覚悟した瞬間です。

カッコイイ大人とは?

責任が取れる大人、それが一番かっこいいと思います。サラリーマンの頃、当時1年目は先輩のカバン持ち、2年目は小さい会社、3年目は大きな会社という流れがあった中で、1年目から大きな会社を任されていました。当時、自分はできると思っていましたが、後々お客様から実は当時の上司が、「私が責任を持ちますので、岡崎の好きにやらしてあげてくれ」と言ってまわってきていたと知りました。上司に育ててもらった恩を私が返す番だなと思います。

今後に向かって

もっともっと多くのお客様とつながっていきたいです。多くのお客様にJCワールドとつながれて良かったと喜んで頂ける企業になっていきたいです。お客様にも、社員にも優しくありたいです。

若者へのメッセージ

チャンスは星の数ほどありますが、チャンスと思えるかどうかは本人次第です。また、チャンスは一瞬で目の前を通り過ぎてしまいますので、チャンスだと思ったら躊躇うことなくチャレンジしてほしいです。チャレンジして生まれることは多いですので、チャレンジしないで後悔することがないように、まずは飛び込んでみてほしいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元総合格闘家 髙田延彦

元総合格闘家
髙田延彦

元プロ野球選手 入来祐作

元プロ野球選手
入来祐作

元参議院議員 松田公太

元参議院議員
松田公太

お気に入り

娘からのプレゼント(ぬいぐるみ)

娘が京都修学旅行に行った際、お小遣いで自分のものを買わずにこれを買ってくれました。

ボールペン

昔買いました。5年前に病気をしたときも、肌身離さず持っていました。