覚悟の瞬間(とき)

演出家 小池博史
こいけひろし

小池博史

茨城県生まれA型
職業:演出家
趣味:自分自身の人生
座右の銘:ゆる張ること

一橋大学社会学部卒業。TVディレクターを経て82年パフォーミングアーツグループ「パパ・タラフマラ」を設立。以降、全55作品の作、演出、振付を手掛ける。パパ・タラフマラ以外での演出作品も多数。演劇、舞踊、美術等のジャンルを超えた強くオリジナリティ溢れる作品群は、35か国以上で上演され国際的に高い評価を確立。各国アーティストとの共同制作やプロデュース公演、プロや市民対象のワークショップなどを数多く実施。97~04年つくば舞台 芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、さまざまな審議員、審査員等を歴任。パパ・タラフマラは2012年5月31日に解散し、6月1日から「小池 博史ブリッジプロジェクト」を立ち上げる。「舞台芸術の学校」学長。

オフィシャルサイト Facebook

来歴

1 2 3 4 5

幼少期~学生時代

どうにも人とは違っていた子供だったようです。写真を見ると1歳の頃と今と、あまり目つきが変わっていないので、周りから見たら嫌な子どもだったかと思います。

現在の道へ進んだきっかけ

大学で映画を撮ろうと思って入学しましたが、級友に「舞台も似たようなものだ」と言われ、演出をさせられたのがきっかけでした。

覚悟の瞬間

何と言っても「3.11」後にパパ・タラフマラの解散を決意し、今に至ったことが覚悟の瞬間でした。「3.11」問題というのは、私ばかりではなく全人類にとっての覚悟を要する問題かと思います。

今後の目標

汎アジア的な思想を基に、日本の再構築を身体レベルから行っていくことが目標です。

日本のアカルイ未来のために

まずは「からだ」。そして「感性」を鍛えることが大きな希望に繋がるはずです。今のままではお先真っ暗ですからね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ミュージシャン 大槻ケンヂ

ミュージシャン
大槻ケンヂ

元プロ野球選手 金本知憲

元プロ野球選手
金本知憲

北京五輪・女子バドミントン日本代表 小椋久美子

北京五輪・女子バドミントン日本代表
小椋久美子

お気に入り

眼鏡

眼鏡を掛けたのは4年くらい前からですが、それまでは視力2.0を誇っていましたので、愕然としました。この眼鏡は軽く、かつ丸々した感じが明治の文豪のようで気に入っています。

ボールペン

そもそもボールペンは好んで使用はしませんでしたが、このボールペンを使用して、あまりに書きやすく驚きました。万年筆好きではありましたけど、まさかボールペンを良いと思うとはという驚きがありました。