覚悟の瞬間(とき)

帝京大学ラグビー部監督 岩出雅之
いわでまさゆき

岩出雅之

和歌山県生まれO型
職業:帝京大学ラグビー部監督
趣味:書道
座右の銘:雲外蒼天

和歌山県出身、県立新宮高校、日本体育大学卒業。同大学ラグビー部では、主将として活躍、1978年大学ラグビー選手権優勝。卒業後、滋賀県公立学校教員、高校ラグビー日本代表監督を経て1996年帝京大学に。同年より同大ラグビー部監督に就任。2009年全国大学ラグビー選手権大会優勝、創部40年目にして初の大学日本一へ導く。以来、現在まで全国大学選手権史上初の7連覇を達成。2015年2月日本ラグビー選手権大会ではトップリーグチームのNECに勝利し悲願の「打倒トップリーグ」を達成する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少期~学生時代について

普通の幼少期、普通の中学生、高校生でした。そんな中、高校入学時にラグビー部の勧誘を受け、ラグビーを始めました。学生時代はラグビーに熱中し、色々なことを学びました。

現在の道へ進んだきっかけ

高校生の時に腰の怪我をしてしまい、ラグビーを続けるのは厳しくなりました。それから怪我が少しずつ治り始めましたが、高校卒業時に未来を描ききれませんでした。しかし、その時に教育実習で来ていた大学4年生の先輩に出会い、目の前におられた指導者の姿に感化され、教師を目指しました。そこから私のラグビー人生の再スタートになりました。

覚悟の瞬間

悟りを覚えることです。気持ちがぶれている時には何か要因があります。結果に気持ちや目がいってしまい、気持ちがぶれてしまいます。監督としてドシッと構えて選手を見守る力、勝利を信じて自分がぶれないことが大事です。そのため、初優勝の試合で、1点差、ラスト1分、自陣ゴール前ピンチを楽しんで、選手を信じ、勝利を観れるようになれました。イライラして観ていても選手の動きは何も変わらない。そこまでの全ての準備次第。あとは、選手たちに任せるのみ、と悟れました。

今後の目標

子供心を忘れず、一生懸命楽しむことです。子供のように後の結果を考えるのではなく、今を楽しむ。そして、いつも選手がワクワクし、感動できる場を提供するよう考えることです。また、皆が笑顔になれるように導ける指導力をより身につけ、そのことが、選手、スタッフ、そして、私自身の未来にもきっとつながると思います。そんな今を積み上げてきたいそれが私の目標です。

日本を背負う若者へのメッセージ

予想とは違う様々なことが起こる現在、厳しくもあり、またその中に楽しみも必ずあります。何をいつから始め、何に向かっていくか。その先に向かう「今」はどこにいるのか、自身で目標、志しを失うことなく地に足をつけて頑張って下さい。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

フリープロデューサー 木村政雄

フリープロデューサー
木村政雄

政策工房 代表 原英史

政策工房 代表
原英史

第97代内閣総理大臣 安倍晋三

第97代内閣総理大臣
安倍晋三

お気に入り

ペンケース

帝京大学ラグビー部のカラーである赤のペンケース。そして赤と黒をペンを入れて、持ち歩いています。

チームジャージ

帝京大学ラグビー部のチームジャージです。練習時などで着用しています。大事なアイテムの一つです。