覚悟の瞬間(とき)

ミスユニバース2007 森理世
もりりよ

森理世

静岡県生まれA型
職業:ミスユニバース2007
趣味:ダンス、入浴剤集め、チャリティ
座右の銘:努力、忍耐、根性

4歳より母の元でダンスを始める。2003年、高校からカナダに留学。2006年センティニア・ハイスクール卒業。ハイスクールと並行してクインティ・バレエスクールにて教師課程を修了。同年、ニューヨークにてブロードウェイを目指した、ROCKETTES・サマーインテンシブル・プログラムに日本人として初合格し、トレーニング修了後に帰国。2007年日本代表選考会で優勝し、メキシコ・シティで開催されたミスユニバース世界大会へ出場。満場一致の得票で優勝し、世界一の栄冠を獲得する。日本人としては48年ぶり、2人目のミスユニバースとなる。MISS UNIVERSE 2007として1年間(在任中)、ニューヨークを拠点にさまざまなチャリティー活動やボランティアを展開し世界15か国を巡る。帰国後はミスユニバースとして培った経験を生かし、各方面で活動。 2009年 5月に母と共に「I.R.M.アカデミー」を設立し夢の第一歩を踏み出す。現在、モデル、チャリティー、「I.R.M.アカデミー」ではダンスを通しての子どもの育成、女性のボディバランスケア、年配者へのヘルスコントロールなど、いろいろな面でのアーティスティック・ディレクターとして、ダンス&ビュティーを掲げ活躍中。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

母がダンススタジオを経営していたので、そこに通っていました。ダンスは4歳から始めたのですが、ダンスというのは自分の身の周りに自然にあるものでした。そこからはずっと当たり前のようにダンスをしていました。16歳の夏、ダンスを通して真剣に自分自身と向き合い、カナダに留学することにしました。海外にあこがれを持って行ったのですが、そこにはさまざまな人種や国籍を持った方たちがいて、世界はとても大きくて、その中で日本人というアイデンティティーを強く持つきっかけになりました。ダンスの学校は大変でしたが、家訓である「努力、忍耐、根性」を信じて頑張りました。

この職業を知ったきっかけ

初めは「ミスユニバース」という存在はまったく知りませんでした。ミスユニバースに出場するためにはミス日本にならなければいけません。その為に6か月間レッスンし、日本代表になることができました。ミスユニバースの大会は1か月間、各国のミスと共同生活を送るのですが、常にハードスケジュールで休みもない日々でした。そこでカナダ留学の経験が大きく生きたと思います。苦しいとかつらいというような気持ちはまったくありませんでした。

印象に残っているエピソード

ミスユニバースの最終審査は1週間に渡って行われます。最終日、本部から「明日、この中から1人ミスユニバースが決まります。決まればここには戻れません。ルームメイトやここにいる人たちとも会う事はなくなります。特別な存在としてスウィートルームに移ります。ですから、明日に備えて荷作りしてください。」と言われた時、皆それぞれ自分と向き合います。自分に本当に優勝する気持ちがあるかどうか?そう問いかけた時に私は荷物を片づける事にしました。その瞬間に結果は決まっていたのかもしれません。次の日、荷物を取りに行ったスタッフから「こんなにきれいに片づけていたミスユニバースは初めてだよ」と言われました。

覚悟の瞬間

カナダに留学後、ニューヨークのブロードウェイにダンサーとして立ちたいと1度帰国して準備を進めていたのですが、祖母が昔から「ミスコンテスト」出てほしいと言われていたので、10代最後の思い出にと思ったのですが「どうせ出るなら世界一のコンテストに」ということでミスユニバースへ応募を決めました。そこで書類審査に受かり、ニューヨークに行くか、コンテストに参加するか迷いましたが、このチャンスは一生ないかもしれないという事と、遠回りしても自分はダンスに戻ってくるか?という気持ちを持って、コンテストに参加することにしました。

今後の目標

昨年の5月、IRMスタジオ(母のダンススタジオ)が30周年を迎えました。「森理世」としてはスポークスウーマンとして、チャリティ活動など今後も行っていくと思います。また、スタジオでの「理世先生」としては、子供たちにミスユニバースやダンスを通して経験したことを伝えていくことで、「努力、忍耐、根性」を持ったすてきな大人を増やしていければと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

登山家 田部井淳子

登山家
田部井淳子

プロフリークライマー 尾川智子

プロフリークライマー
尾川智子

アテネ・北京五輪体操メダリスト 冨田洋之

アテネ・北京五輪体操メダリスト
冨田洋之

お気に入り

ボディローション

誰からも好かれるせっけんの香りがお気に入りです。チャリティ活動の際にふれあう子どもたちにも好かれています。

ストラップ

ダンススタジオにあるバラモチーフのステンドグラスから光が差し込んだときの影がとても好きなのですが、生徒さんがその影をイメージしてストラップを作ってくださいました。このような柄のものはめったにありませんのでとても気に入っています。