覚悟の瞬間(とき)

振付師 パパイヤ鈴木
ぱぱいやすずき

パパイヤ鈴木

東京都生まれO型
職業:振付師
趣味:家族
座右の銘:人生プラスマイナスゼロ

幼少の頃に父親のラテン音楽を聴き、踊りを始める。1986年、CBSソニー(現ソニーミュージックエンタテインメント)で振付やタップダンスのインストラクターを務める。その後、おやじダンサーズを結成する他、TV出演、振付師やタレント、俳優など幅広く活躍。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

元々は歌手になりかったのですが、父にリズム感をつけた方がいいと言われダンスを始め、16歳でダンサーになりました。その後ソニーに入社し、上司に「君振付出来ないの?」と言われ、ある歌手の卵の振付を作ったのが振付師になったきっかけです。人の仕事の背中を押すのも悪くないねと思い、次第にスタッフの方に回っていくようになりました。

現在の仕事への想い

ダンスには3ステップがあります。1が「ダンスを楽しむ」、2が「ダンスを楽しむ自分を見た相手が楽しくなる」、3が「相手を楽しませる」です。今僕は、2のステップにいます。自分が楽しまないと始まらないです。その場が楽しくないと楽しい事も出来ないと僕は思っています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟をした事はありません。強いて言えばバンジージャンプをした時ですかね。覚悟と聞くと辛いイメージがあります。なので使った事はないですが言葉の捉え方は色々あるので、覚悟ではない何か違うプラスの言葉を使っているのかもしれないです。

カッコイイ大人とは?

いい人をやめている人ってカッコイイなと思います。僕がどうしてもいい人ぶってしまうので。ちゃんと相手に話をしてあげられる人には、自然と人が集まりますし、パワースポットのような存在になっている人はやっぱりカッコイイです。

今後に向かって

昔は「日本のエンターテイメントを良くしたい」と思っていたのですが今は全く思っていません。僕がしなくても勝手になっていくので。目標は毎日楽しく過ごす事です。想っていないと叶いません。目標の先に何が来るのかを毎日楽しみに待っています。

若者へのメッセージ

僕は、後悔している事があります。この時こうしておけばよかったなと何個も思います。これをやりたいと思った瞬間に、もの凄い瞬発力で何かをやってみる。これが一番大事だと思います。頑張って下さい。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

少子化ジャーナリスト 白河桃子

少子化ジャーナリスト
白河桃子

FC東京 元監督 城福浩

FC東京 元監督
城福浩

元プロ野球選手 黒木知宏

元プロ野球選手
黒木知宏

お気に入り

アップルウォッチ

携帯がなくても済むので重宝しています。飲み会の時等、携帯をいじるのが好きではないので必要な情報を見分ける事が出来ます。防水です。

ヘッドフォン

ワイヤレスで、電話にも出れるし、ボリューム調整もできます!特にマラソンの時に活躍しています。