覚悟の瞬間(とき)

医療法人山内クリニック 理事長 山内泰介
やまうちたいすけ

山内泰介

東京都生まれA型
職業:医療法人山内クリニック 理事長
趣味:ゴルフ 、社交ダンス
座右の銘:克己

愛媛大学医学部、同大学院卒業。同 外科学第ニ講座入局。野口病院(別府市)、東京女子医科大学 内分泌外科(当時)、伊藤病院(渋谷区)、埼玉医科大学川越総合医療センター内分泌糖尿病内科(客員准教授)にて甲状腺診療の研鑽を積む。現在、医療法人山内クリニック(さいたま市)にて甲状腺専門診療に従事する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

小学校の開校記念日に、将来の夢を短冊に書くという行事が毎年ありました。小学2年生の時に書いた夢は「競輪選手」になることでしたが、3年生からは「医者」と書き憧れが芽生えていました。5年生の夏、自転車に乗っていて交通事故に遭遇し大怪我をしました。父が連絡を受け病院に駆けつけると、警察官が「もうだめだろう」と電話をしていたそうです。その病院は姉の同級生の実家であり、大学病院に勤務している親族が当時の開業医にはない最新の超音波検査を借りてきてくれるなどして一命を取り止めました。その時の小学校の担任の先生は、入れ替わり立ち替わりクラスメートを引率しお見舞いに来てくれ、励ましの品を作ってくれました。医師を尊敬し、周囲の人たちに感謝し、心配をかけた家族に恩返しをしたく、医師なることを決意しました。この頃より憧れから医学部に入学すると言う現実的な目標を立てていました。

現在の仕事への想い

現在は甲状腺専門クリニックで診療をしています。甲状腺疾患の一次医療、すなわち、幅広く甲状腺の病気を診て外来でできる治療を行い、入院や手術などが必要な場合は高次医療機関に紹介しています。甲状腺は形と働きで評価します。蝶々が羽を広げて休んでいるような美しい形をした甲状腺が醜いガンで侵されるとその美しさが損なわれ、憎きガンを徹底的にやっつけたくなります。甲状腺の働きは生命維持に不可欠な甲状腺ホルモンを作ることです。そのホルモン量は全身で規律を持って規則正しく統制されています。例えば何らかの理由で甲状腺ホルモンが低下すると、脳下垂体から甲状腺刺激ホルモンが分泌され低下した甲状腺ホルモンを上げようとします。反対に甲状腺ホルモンが過剰になると、甲状腺刺激ホルモンが低下し高くなった甲状腺ホルモンを是正しようとします。この規律の乱れを直すことが治療につながります。生まれ、成長し、子供を産み、老いていく健全な人の一生を支えてくれる甲状腺は、私の医師人生をかけるにたる素晴らしい相手です。

あなたにとって覚悟とは

第一の覚悟は小学校5年生の時に遭遇した交通事故でした。それまでの憧れから、医師になると言う決意をした時です。怪我をし4カ月間学校休むことになりましたが、はっきりと医学部受験を目指し勉強に遅れをとらないようひとりで学習しました。その結果、復学後以前より成績が向上し、私を良く知る1年生の担任だった先生は「山内は頭を打ったお陰で頭が良くなった。」と冗談を言うほどでした。第二の覚悟は中学生の時でした。「医者になりたい」と遠縁の小児科医に話すと応援すると言ってくれました。今考えるとそれは金銭的援助の意味でしたが、当時はそこまで考えが及ばず、その人が喉頭がんで亡くなった中学2年生の時、医師願望の決意を新たにしました。第三の覚悟は、大学を卒業して入局した医局の関連病院に甲状腺専門病院があり、妻と生まれたばかりの長男の将来を変えるかもしれないと思いながら甲状腺の勉強がしたくその病院への派遣をお願いするため、教授室のドアをノックした瞬間でした。

カッコイイ大人とは?

カッコイイ大人とは、カッコワルイ大人にならないこと。それは他人に迷惑かけないことです。自分がされて嫌な事は他人も嫌に思うので避けなければならず、さらに進めると、他人の望む事ことをすればそれは喜んでもらえます。周囲の人、社会が求めているような人間になればおのずとその道に秀でた人材なると考えます。「克己復礼を仁となす。」我が身を慎み、礼をふみ行うことが、人への思いやり、人間愛に通じます。他者のために働く事は、決して自分自身を犠牲にすることではなく、自分を成長させるものです。ましてやそれが自分の好きなことであれば、なおさら他者も自分も豊かになれるものと思います。これからも精進するところです。

今後に向かって

甲状腺と言う単一臓器ではありますが、甲状腺ホルモンは全身に送られさまざまな役割を担っています。したがって甲状腺のある頚部だけを診るのではなく、心臓、肝臓、腎臓、骨などの臓器を診、甲状腺ホルモン異常に起因する高血圧症、不整脈、糖尿病、脂質異常症、骨粗鬆症などの全身の病変を診るように心がけています。オタマジャクシがカエルになる変態に、甲状腺ホルモンが必要だそうです。ヒトの二次性徴にも甲状腺ホルモンが大切な役割を担っています。したがって十代後半の思春期には多くの甲状腺ホルモンが使われるため、それに見合った量を作る甲状腺は全体が大きくなります。これが「思春期甲状腺腫」で、成長の過程で起きるものなので特に治療の必要はありません。反対に高齢になると体が必要とする甲状腺ホルモン量が減少するため、血中の甲状腺ホルモンも少なめになります。少ないからといって ただちに薬を使うのではなく、年齢などを考えその人に合った治療方法を選択します。また不妊治療をしている方は甲状腺機能が正常範囲内であっても高めであれば妊娠には有利に働くため、薬を服用することがあります。異常がなくても妊娠をしたいと考えている人には薬を処方することにもなります。病気だけを診るのではなく、病気に悩まされている人、年齢や社会的背景などを考えながらの治療を心がけています。

若者へのメッセージ

好きなことを見つけて、熱中して下さい。幼い頃公園の砂場で、完成したらどんなに楽しいだろうなぁと考えながら夢中になってお城を作ったことがありました。ところがいざ完成してみると興味はなくなってしまい、すなわち、お城を作る過程が面白かったわけです。若い人たちはいろいろなものに挑戦する時間とエネルギーがあります。「継続は力なり」継続したものの中から好きなものが生まれます。「好きこそ物の上手なれ」好きな事はさらに物事を究めることができます。「日々向上」完成した事に驕ることなく、さらにその上を目指すことが人生を楽しくしてくれます。何しろお城を作る過程が面白いのですから。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

海洋生物学者 佐藤克文

海洋生物学者
佐藤克文

北海道夕張市長 鈴木直道

北海道夕張市長
鈴木直道

新内節三味線・人間国宝 新内仲三郎

新内節三味線・人間国宝
新内仲三郎

お気に入り

筆ペン

筆で字を書くと落ち着きます。寝る前には硯で墨をすり、一日を振り返りながら書をします。心が静まり、緊張の後の心地よい気怠さが残り、入眠しやすくなります。

PSP(ゲーム機器)

ゲームをするのではありません。今でもテレビっ子で、妻が録画転送してくれたテレビドラマを電車の中などで細切れの時間を使って観ています。