覚悟の瞬間(とき)

元女子モーグル日本代表 上村愛子
うえむらあいこ

上村愛子

兵庫県生まれAB型
職業:元女子モーグル日本代表
趣味:カメラ、映画鑑賞
座右の銘:「なせば成るなさねば成らぬ何事も」

高校3年生で出場した1998年長野オリンピックから2014年ソチオリンピックまで、オリンピック5大会連続入賞を果たす。2007ー2008シーズン、日本モーグル界初となる種目別年間優勝を達成。翌シーズンには、世界選手権大会においてもシングルレース、デュアルレースの二冠を達成した。2009年、アルペンスキーヤーの皆川賢太郎と入籍。2014年に現役引退を表明し、今後の活躍が期待される。2008年度紫綬褒章受章。JOCスポーツ賞特別貢献賞受賞者。

オフィシャルサイト Facebook

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

小学校時代の6年間、ずっとアルペン競技をしていたのですが、中学校1年生の時に一度アルペン競技を離れました。その間に一人でカナダのウィスラーにスキー旅行に行き、そこでワールドカップのモーグルの試合を見たことがきっかけです。その時はこんなに格好良い競技があるのだと驚き、またこんなにも高い技術で斜面にあるこぶを滑り降りることが出来る人がいることを知り、自分でもやってみたいと思うようになりました。結果として5回もオリンピックに出場させてもらい、世界の中で戦わせてもらえる選手になったりもしましたが、やっぱり最初は、少し滑れるようになると「すごいね」と褒めてもらえたりして、それがすごく嬉しくて続けていたら、気づけば20年もモーグルをやっていましたね。

現在の仕事への想い

実際のところ、9割辛くて1割楽しいというところじゃないでしょうか。ただその1割の楽しさがあることを信じられるから、残りの9割がそんなに辛く感じませんでした。結果が伴わなくて苦しい時間というのはとんでもなく長かったですが、でもまだ自分が何か明日変われるんじゃないかなとか、4年後には変われるんじゃないかなという希望を持ってずっとトレーニングを続けていきました。1つ言えるのは、そこに目標があったから昇っていけたということはありますね。メダルを獲れなかったことを一生後悔するかという質問が来たら、答えは全くNOです。メダルを目指して取り組めたことが私はとても幸せだと思っています。

そう思うようになった、きっかけ

私は毎回オリンピックのゴールエリアでいろんな言葉を言っているのですが、元々用意している言葉は、メダルを獲って喜んだ時になんと言おうかということを頭の中で想像していたんですね。でも結局最後のオリンピックとなったソチオリンピックの時には、最初から「優勝したらどうしよう」ということを考えずに臨んでいました。結果だけ見ると「メダルが獲れなかった人」ということになるのは分かっています。ただ、自分の中ではオリンピックという舞台でメダルを獲るためには、自分の全力で滑らないと勝負にならないということをずっと考えていて、でもそれが出来ずにもどかしいという時間をかなり長く過ごしていたので、最後のソチオリンピックのときにはようやく 勝負出来る滑りがちゃんと出せた、ということがすごく嬉しかったです。結果にならなかったのは本当に残念ですけれど、その勝負がちゃんと出来た自分というものが誇らしかったですし、ようやく出来たという気持ちで幸せでした。

あなたにとって覚悟とは

すごくシンプルですが、「やるからにはやりましょう」ということでしょうか。自分の中で何かそのものに対して情熱があったりとか、そこまでたどり着きたいという目標が出来たりして第一歩を踏み出すという勇気が持てれば、その先はもう覚悟を決めて進むしかないと思います。基本的に私は「スイッチオフ」みたいな人間だと自分では思っていますが、これだけはやるぞと自分で決めたことに関してはとことんやれる人間だということも分かっています。ですので、その自分を信じて「スイッチオン」にしてみようと思うんです。トレーニングすることも大会に出ることも、オリンピックでメダルを目指しますという目標をたてることも、全て少しでも後ろを向くと前に進めないので、毎回覚悟を自分の中で決めて、やると決めたから明日に繋がることを今日しようとするんですね。計画通りじゃないことの方が多いですが、その度にやると決めたら前を向くしかない、そう思ってやっていました。

今後に向かって

すごく長い目標としては、おばあちゃんと言われるくらいになるまではスキーをずっと履ける身体でいたいということと、スキーをやってきたことを後輩に何か伝えていきたいですね。スキーヤーでいることでスキーに携わっていられるのかなと思いますし、「モーグル・上村愛子」という名前があるおかげで出来ることもあると思っています。もしコーチになるとしたら、怒らせたら怖いと思わせるようなコーチでしょうか(笑)(選手が)何かを一生懸命やるということに対してはわたしも精一杯やってくれるでしょうという気持ちでいますので、もしコーチになる機会があったら、それを前提に指導していくと思います。世界一になりたい人というよりは、みんなの中で目標に向かって必ずそこに辿り着こうと思って努力してくれる人かどうかということを大事にすると思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

青森県八戸市議会議員 藤川優里

青森県八戸市議会議員
藤川優里

文部科学大臣政務官 義家弘介

文部科学大臣政務官
義家弘介

お気に入り

水素水ボトル

このボトルで飲み物を還元水に変えて飲用することで、身体も肌も内側から元気になるので、2年前からずっと愛用しています。

アヴェンヌのスプレー

遠征や旅行先で、水が変わって肌荒れをよく起こしていたが、洗顔後にアヴェンヌのスプレーをすると肌が落ち着くのでどこに行くにも必ず持って行くアイテム。