覚悟の瞬間(とき)

ファッションデザイナー ドン小西
どんこにし

ドン小西

三重県生まれB型
職業:ファッションデザイナー
趣味:ゴルフ
座右の銘:完全燃焼

「FICCE」「YOSHIYUKI KONISHI」「d.k.f」などのブランドを手掛け、 国際的にも評価が高く、テレビ・雑誌等でマルチデザイナーとして幅広く活躍中。現在、呉服「ODASHO」より着物ブランド『ドン★きもの』を展開中。

オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

父は医者、母は大きな呉服商の娘という、恵まれた環境で生まれ育ちました。いわゆる「ボンボン」だったと思います。家庭教師から、習字に絵画、そろばんに至るまで、いろいろな習い事をさせてもらっていました。ただ、習い事ばかりの毎日に反発心を抱いていたことも事実です。そんな私が落ち着ける場所、居心地の良い場所が、呉服屋の店内でした。

ファッションデザイナーの道へ進んだきっかけ

呉服屋の雰囲気を心地良いと感じていたのは、理屈ではなく、五感や身体で感じていたことでした。そういった経験もあり、人の五感を通して、感動を与える仕事がしたいと考えるようになりました。ただ、どうすれば良いのか分からない・・・。中学・高校時代は常に模索していました。その中でも、モノへの興味は持ち続けていました。花瓶を一つ見ても、「ここをもう少し膨らませた方が良いのでは?」と一人で考えていました。イメージを形へ、自分の美学の表現を追求した時に、ファッションという道へ辿り着いたのでした。

覚悟の瞬間

デザイナーとして独立をしたものの、常に変わり続けるのが時代の潮流。会社として、多くの負債を抱えたこともありました。その時に、会社を倒産させることもできたのですが、私は返済しながらデザイナーを続けることを決めたのです。この時が私にとっての覚悟の瞬間でしたね。稼いでも、次々に負債の返済にお金を回していたので、自由に使えるお金はほとんどありませんでした。ただ、その時に本当の意味で自分の生活を「エンジョイ」できる方法を知れたのは、人生において大きな財産だったと思います。覚悟はリセット。今持っているモノを全て捨てて、次に進むことを、覚悟と呼ぶのではないでしょうか。

今後の目標

現在も学校を運営していますが、後進の教育にはますます力を入れていきたいですね。

日本のアカルイ未来のために

自分を知ることが大切です。そのためにはどんな事にでも全力で立ち向かうこと。そして多くの壁にぶちあたることが大切。良くも悪くも、どれだけの経験を積めるかで人間の大きさが決まります。さまざまな経験を通しで、自分を成長させていってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

東京外語大学教授 伊勢崎賢治

東京外語大学教授
伊勢崎賢治

衆議院議員 長島昭久

衆議院議員
長島昭久

参議院議員 佐藤 正久

参議院議員
佐藤 正久

お気に入り

帽子

昔から帽子は大好きです。ほとんど購入するのは海外。若い頃から集め始め、現在いくつ持っているかわかりません・・・。

デジカメ

毎日必ず持ち歩いている必需品。カラフルなものから最新型まで用途に合わせて使い分けています。ちなみにブログでアップしている色々な写真の撮影者は私です。