覚悟の瞬間(とき)

女性学研究者 田嶋陽子
たじまようこ

田嶋陽子

東京都生まれB型
職業:女性学研究者
趣味:書道、水彩画
座右の銘:何事もいつも一人から始まる

フェミニズム(女性学)の第一人者として、またオピニオンリーダとして、マスコミなどで活躍。最近は歌手活動も。最後まで自分らしく生きたい人たちのための「シニアハウス友だち村」提唱者でもある。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

小学校の先生にあこがれていました。その後、母が病気になってからは医者になろうと思いました。そして、小学校6年生の時には総理大臣になりたいと思っていました。母は自分の体験から、私に手に職をつけて自立してもらいたいと思っていたようです。そのこともあって、大変厳しく育てられました。母は病床に伏していながらも、長いものさしを手にして、私をしつけました。私は医学部に進学したかったのですが、経済的な理由もあり進学校へはやってもらえませんでした。高校の図書館で本を通して出会った素晴らしい女性たちが津田塾大学の卒業生だと知り、これが津田塾大学を目指すきっかけになりました。そして、「なぜ女性は人生が閉ざされているのか」という問題意識を持ちつづけていました。幼いころから男の子より勉強ができても認められることはなく、「女はメンスがきたら終わりだ」と中学校の先生から言われていました。考えてみると「そんなにおてんばだとお嫁にいけないよ」と言われた5歳の時からフェミニストだったのだと思います。

社会人時代

津田塾大学を卒業した人の多くが教員になるのが当時の状況だったのですが、私は自分の中学高校時代を顧みてその教員にはなりたくはないと思っていました。津田塾大学を卒業したあと、大学院の修士課程に入り、そのあと博士課程に入って、そして、津田塾大学院で2 番目に博士号取得資格を得て、イギリスに留学しました。帰国してから縁あって法政大学へ就職しました。英文学を学ぶ中で、そこに描写されているテーマが男性中心であることに疑問を抱き、留学から帰ってきてから「母と娘」など女性をテーマにした研究を行うようになりました。その点では、当時の日本の英文学界で新しい扉を開いたのではないかと自負しています。

ターニングポイント

1987年くらいだったと思うのですが、樋口恵子さんや斎藤茂男さんらが中心となって「花婿学校」というものを作りました。その2番目の講師として、私が招かれましたが、このときの講義が新聞などでも話題となって、「笑っていいとも」に出演することになりました。それまでNHK教育テレビの「英語会話Ⅱ」なども3年ほどやっていましたが、「バラエティ」のテレビ出演は初めてでした。こうして教育番組以外に「お笑い」の番組に出るようになって、 ある程度フェミニストとして名前が定着したころに、同じフェミニスト仲間から批判が出ました。「フェミニズムを笑い物にして」と。当時、インテリの間でテレビ批判は盛んでした。でも私は、女性の人権問題は、真面目に説いても誰も聞いてくれないと思いました。「お笑い」の中でバカにされて笑われる中で、少しずつ浸透していくしか方法はないと思っていたので、「たった一人の運動」として、がんばる決心をしました。

覚悟の瞬間

女性のおかれた状況を変えるためには、法律を変える必要があると思いました。この時代になって、民法の中でも、女性は男性と対等ではありません。女性は働く権利も十分には得ていません。子どもを持ったら仕事をやめるか、あるいは仕事をもったら子どもを持ちにくくなるような状況は非人道的ですし、女性の子どもを持つ権利、働く権利をないがしろにしたものです。女性の人権が保障される国になったら、日本という国は、今の倍、豊かになります。このままですと、少子化と税不足で、国は疲弊していきます。「TVタックル」に出演しているときに、ちょうど参議院選がありまして、出馬することになりました。実際に議員になってみてショックを受けました。世間よりも遅れていました。国会に来るのが30年早すぎたと思いました。女性が仕事も子育ても、自由にのびのびできるような社会になったら、日本は本当の意味で幸せな国になります。そのための地盤は作ってきたつもりですので、若い人たちが自分たちのニーズを感じたとき、自分たちで頑張ってくださるといいと思います。

今後の目標

私は92歳で死ぬことに決めました。46歳まで生きた気がしなかったので、その倍を生きようと決めました。そして、人の心に添えるようないい歌手になって死にたいと思います。歌を通して、平和を語り、人権を語り、人とのコミュニケーションを豊かにして生きたいと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

編集者 見城徹

編集者
見城徹

FC東京 元監督 城福浩

FC東京 元監督
城福浩

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

お気に入り

安全ハサミ・カスタ

一般に売られているハサミではなく、取っ手を開閉するとカスタネットのように音が鳴る手に優しいハサミです。取っ手の間には絶妙な弾力のバネが仕込まれているので、本当に手に優しく使いやすく、簡単に切れます。

アクセサリー

昔は、石などの宝石を買っていたのですが、使用する場があまりないので、普段使いも出来るmのを自分オリジナルにオーダーして身に着けています。特に、Korino.I(泉川典子さん)がデザインするアクセサリーがお気に入りです。