覚悟の瞬間(とき)

ヒューマンドリーム 代表 川戸康嗣
かわとやすし

川戸康嗣

兵庫県生まれA型
職業:ヒューマンドリーム 代表
趣味:会社設立(仕組みつくり)、野球観戦
座右の銘:夢、挑戦、達成 

高校卒業後、浪人を経て専門学校(臨床工学技士)と大学(商学部)へ進学、卒業後、医療機器メーカで営業を経験、在職中にこっそり起業。退職後、大学院(MBA)進学。現在は社会起業家として、人材育成・独立支援に力を入れ、社会問題である雇用をテーマとし、社員と日々頭を突き合わせ議論している。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

幼少期はザリガニ捕りやバッタ採り、鬼ごっこなど友だちと外で遊びまわってました。小学生5年生ころから友だちが塾に通ってるのがうらやましくて両親に塾に入れてもらい中学受験を経験し、三田学園中学校に入学し高校卒業まで三田学園でお世話になりました。中学時代は卓球部で毎日卓球のことしか考えてませんでした。高校ではサッカー部に入部するも、実力不足より目標が見えない日々でした。大学受験では理系の才能がないのに理系の大学を目指し結局、専門学校進学と文系大学への進学の道を選択しました。専門学校、大学時代はとにかく学費を稼ぐためにバイトを3、4つ掛け持ちして授業中寝るという繰り返しで大学は1年留年してしまいました。人生の大きな挫折の1つは大学受験だったと思います。

社会人時代

大学卒業後、医療機器メーカーの日本光電という会社に中途採用で入社しました。前職が病院勤務(大学在学中)であったのですが、顧客のマインドが抜けきれず営業担当としてのマインドがなかなか身につかず給料泥棒と言われながら針のむしろ状態で9か月間を過ごしました。電話も取れない、報連相もできない、とにかくビジネスマナーの本をひたすら読んでいました。競合会社のフクダ電子勤務時は日本光電に恩返しするんだという一心で上司の言うことはあまり聞かず結果を残すためには何をすればいいのかだけを考え、営業所でもひときわ浮いた異端児のへそまがり営業担当になってました。ただお客様に対しては社内営業をしない分、昼夜問わず倍の営業活動は行っていました。

起業のきっかけ

営業の世界を5年経験して感じたことは結果がすべてであるということでした。結果が出せなければイエスマンでも給料は上がらないし異端児のへそまがりでも結果を出せば給料は上がるということを身をもって体験することができました。ただ、出世は別で組織の中で異端児はラインに乗れないという事も実感しました。そんなときに、今までの1か月の粗利ノルマが200万~300万円を達成することと、自身の1か月の生活費の30万円をノルマとして起業することとどちらが将来のためかと考えました。するとラインに乗れない場合、何歳でリストラにあうかを考えた時、リスク回避のため・夢の達成のために挑戦する道を選択し、起業しました。

覚悟の瞬間

営業担当時代に上司に会社を「辞めます。」と伝える時ですね。前職で使えない営業担当であった私を、ある程度放置してくれ、4年間いろんな経験を積ましていただきました。実績も出し、これからというときに会社を裏切るという行為を自分が行うんだという気持ちも生じました。会社の正義と個人の正義の葛藤が心の中にあり、かわいがっていただいていたフクダ電子南近畿販売株式会社の当時の基幹病院センターの課長に伝える瞬間がいままでの私にとっての最大の覚悟の瞬間であったと思います。

今後の目標

会社の目標は近い将来IPOを目指し、社員が安心して生活できるような仕組みをつくることです。個人の目標としては30代は会社の発展に全力で力を入れていくこと、40代は日本経済の発展に貢献できるような人材になること、50代は30代・40代の目標達成を自信という武器に変え、政治家を目指し、国益に貢献できるような仕事をすることがあります。夢を実現(達成)するために常に挑戦を続け、人生という一定期間内にPDCAサイクルをスピーディーにできる限り繰り返し達成することだけを考え、精査していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

野球解説者 衣笠祥雄

野球解説者
衣笠祥雄

ジャーナリスト 須田慎一郎

ジャーナリスト
須田慎一郎

青森県八戸市議会議員 藤川優里

青森県八戸市議会議員
藤川優里

お気に入り

携帯電話

日々いろいろな現場にいるので、連絡ツールとしての必需品が携帯です。私自身が飛び回っているので、携帯電話がないと大変です(笑)

スケジュール帳

時系列に記載をしている手帳なので、1日の流れが一目で分かります。この手帳は、私の脳みその中のようにたくさんの情報を記載しています。